浅野祐尚の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

織楽浅野の代表取締役、浅野祐尚の作り出す織物は帯がメインとなっています。
浅野祐尚の作品を売る事を検討しているのなら、まずは買取り相場のチェックから始めましょう。

ネットオークションで売るケースだと、平均33,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は輪奈織の帯で55,500円で売る事ができています。
逆に最安値は4,210円からあり価格の幅が広いです。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

浅野祐尚の帯を高値で売るのならその価値を熟知した査定員のいる着物買取り専門店に鑑定してもらうのが一番です。

参考:浅野祐尚の着物を買取りしてくれる専門店一覧

鑑定自体は無料なので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

浅野祐尚の着物の特徴

浅野祐尚は、京都西陣の織屋「織楽浅野」の代表取締役です。

1955年に京都西陣に生まれ、幼少期から父親と一緒に本屋や美術館巡りに繰り出し、美術力や感性を高めながら育っていきました。
大学3年になる頃、徳田儀三氏の下で図案作りを覚え、卒業後も修行をしながら生活をしていたのです。

祖父の代から織屋をしていたのですが、1980年に独立をし自分の父と共同で織楽浅野を創立し、今現在代表取締役として現役で織物に携わっています。
1987年には国際テキスタイルコンペティション87京都に出品し、Industrial Design Awardを受賞し世界でも多くの人を魅了する作品を作り上げています。

その後も、織陣座展や開白展、久遠展などを開催し多くの帯をたくさんの人の目に焼き付けてきました。

浅野祐尚の帯の特徴としては、「織を楽しむこころ」をコンセプトにしています。

西陣織は京都では伝統的工芸品で、非常に歴史のある織物になっています。
様々な色を使って織りあげられているので、色彩が豊かなことが特徴にあります。

ですが、浅野祐尚の作品は西陣織には珍しく、色味を抑えたシンプルなデザインとなっているのです。

シンプルながらも古典的なデザインに斬新なデザインを取り入れたり、素材の美しさを存分に出しているのも特色です。

次に浅野祐尚の人気の帯を見ていきましょう。

織九寸名古屋帯」では、カラーが墨黒で陶磁唐草段のデザインやチャコールグレーに黒を合わせたカラーで割付異文のデザインなど様々なものが存在します。

参考:名古屋帯を売る

金銀糸遣いがほとんどされていないので、シックでモダンな雰囲気の帯となっているので、普段使いに最適で幅広い世代の方にオススメできます。

袋帯」にも様々なデザインのものがあります。
優しいイメージのホワイトカラーや藤グレーもものが人気で、花蜀江文や割付更紗文など様々なデザインがあります。
カラーを多く使っていないにも関わらず、シンプルながらも品の良さが出ているので、上品に着物を着こなせるでしょう。

九寸名古屋帯」ではクリームカラーの七宝花菱のデザインが人気です。
古典柄ながらも現代風にアレンジされたカジュアルなデザインとなっているので、若い世代の人にも人気があり楽しくコーディネートできる一品です。

浅野祐尚の帯は、着物の初心者から上級者まで愛されるデザインとなっています。

浅野祐尚の着物を高値で売るコツ

浅野祐尚が手がけた帯を高値で売るには、証紙がある事が大切です。
証紙と一緒に査定をしてもらうことで、高く売る事が可能になります。

また、買い手に着物に対する知識があることも大切な要素です。
着物買取り専門店なら浅野祐尚に対する豊富な知識を持っていますから安心してお任せできます。

参考:浅野祐尚の帯を買取りしてくれる専門店一覧

こういったお店は出張での買取りや宅配査定にも対応しているので、忙しい方を中心に人気になっています。