秋山章の着物はどれくらいで売れる?

秋山章の着物の中古価格は、ネットオークションでは110,000円程度

本手描友禅の高級婚礼衣裳を手掛ける秋山章の着物を、訳あって手放さなくてはならなくなったという人もいるのではないでしょうか?
秋山章の着物のネットオークションでの相場を調べてみると110,000円程度。

婚礼衣装をオークションに出すという人はあまりいないため、出品数も少なく正確な相場を判断することは難しいです。
相場金額もあくまでも、目安なのでそれ以上の価値があってもオークションで高値で売るには限度があるでしょう。
そのため、できればネットオークション以外の方法で買取してもらうことをおすすめします。

秋山章の着物の特徴

友禅作家と名乗る人は数多くいますが、秋山章は婚礼衣装製造の道一筋で会社を設立しました。
昭和24年に京都で誕生し、染織工芸を学んだ後株式会社丸章を設立しました。

設立以降は、毎年京都にてコレクションや衣装発表を行われる展示会を150以上も開催しています。

現在は、高級婚礼衣裳作家として作品を制作していますが、日本染織工芸研究会の常任理事や、大吼塾の塾頭などを務めるなど製作以外の場でも活躍ぶりが評価されています。

秋山章の最高級の花嫁衣装には、金彩工芸や貝螺鈿を張り込み一点ずつ手描きでかかれた豪華さある芸術作品です。
美しい花嫁が、晴れの日にまとう打掛、祈りの打掛、儀式の際の打掛など頭の中で何度も連想しながら創りあげていきます。
時には、その時間が50にも100日にも及ぶこともあり、心の中で丹念に育てた一枚の打掛が一致した時から作業が始まっていきます。

そして、選び抜かれた熟練の職人たちにより25個の工程を経て作業を重ねていくのです。

・最高級の白生地

日本では「絹」は神様からの贈り物」と言われ、絹でできた布は儀式の衣装に相応しいものです。
最高級の白生地と呼ばれる、駒塩瀬羽二重が用いられています。

・青花で下絵を描く

青花と言われる露草の花の汁を使って、専用の刷毛で下絵の図柄を描きます。
この図柄の勢いをどのように表現するかで仕上がりも変わってきます。

・糸目糊を置いていく

青花で描いた下絵の上に糊を少しづつ置いていきます。
指先を使って線の太さを調節しながら置いていくこの作業は、熟練の技術が必要です。

・挿し友禅

図柄に色をのせていく作業です。
ぼかし染めなどは刷毛の使い方によって表情が変わります。
友禅の工程で最も花形といえる作業になります。

・金彩工芸

金箔や金粉をのせて接着させる作業です。
この工程では、豪華さや格式、気品などを表すために納得いくまで時間を費やしていきます。

・貝螺鈿

柔らかい生地の上に螺鈿を張り込む技法は独自で開発したものです。
生地を傷めつけずに張り込んでいく作業は、職人の技を高く求められます。

・地直し

制作中に生じたシミや汚れなどを落としていきます。
さまざまな道具または薬品を使って、完璧に仕上げていく職人芸です。

このように友禅は、数ある世界の儀式衣装の中で最高のものと言われています。

打掛が完成するまでには、早くても半年、長いものでは800日以上もの歳月がかかります。

秋山章の婚礼衣装の魅力は、芸能界やスポーツ界、経済界などにも幅広く広がっています。

全て手作業で行われていることも、友禅打掛のトップとなる魅力の一つではないでしょうか。

秋山章の着物を高値で売るコツ

秋山章の婚礼着物は、スターの婚礼衣装も多数制作している実績があります。
納得できるまで技術と時間を費やす手間を要するため着物の価値も想像以上に高いでしょう。

買取業者はたくさん存在しますが、着物を売る場合は着物専門買取業者をおすすめします。
多少の汚れやシミがあっても、本来の作品の価値を高く評価してもらえるので高額買取も期待できます。

出張買取や宅配買取も対応しているので、お店に直接持ち込みできない場合でも安心して査定してもらうことができるでしょう。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ