明石ちぢみの買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

明石ちぢみの買取り相場はオークションではいくらなの?

不要になった明石ちぢみを少しでも高値で売るのなら、買取り相場を知る事から始めましょう。
ネットオークションで明石ちぢみを売るケースですと、平均13,700程度で買取りされています。
中古の最高値は証書付きの着物で38,300円で売ることができています。
逆に最安値は1,000円からありますからモノによって価格が大きく左右されます。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

明石ちぢみを高値で売るのなら、その真価が十分に分かる査定員のいる着物買取店に見てもらいましょう。

参考:明石ちぢみを買取りしてくれる店一覧

買取り店は無料で査定してくれるので買取り額に満足なら売る事を検討してみましょう。

明石ちぢみの特徴を徹底解説

新潟県十日町市で生産されている明石ちぢみは、19世紀の終わり頃に京都で作られた西陣の反物からアイデアを得て、明治中期から本格的な産業として製造されるようになったと言われています。

十日町市周辺の地域では、1500年以上前の馬場上遺跡から糸に撚りをかけるために使用されている紡錘車が発見されたことで、この地域では以前から製糸が行われていたと考えられています。
越後ちぢみは以前まで十日町だけの生産ではなく、その周辺の小千谷市や魚沼市、南魚沼市などで生産されていました。

また、それぞれの地域ごとに作るものにも決まりがありました。
毎年4月になると十日町、小千谷市、塩沢、堀之内で越後ちぢみの市が開かれ、そこでもこれらの着物は評価が高かったと言われています。
江戸時代には武士の式服として選ばれており、明治初期には農閑期に入った農家の内職として織物が定着していきました。

以前から十日町には、十日町透綾(とおかまちすきや)と呼ばれる経糸に練糸、 緯糸に生糸を織り込んだ夏の織物があり、これあはちりめんにも近い風合いだったことから、当初は十日町透綾ではなく、透綾ちりめんとも呼ばれていました。

この織物も研究によって改良を重ねていき、この時期辺りから緯糸に強撚をかける技術が研究されていきました。
これも、京都の西陣から持ち帰ってきた夏の反物からの発想を得て、どんどん新商品の開発も進んでいき、その後にこれらの技術を応用した透綾ちりめんの試作にも成功したことで、明石ちぢみの生産も本格的に行われていくようになりました。

明治中期辺りから製品が多く出回っていったのですが、戦争によって一時的に生産数がなくなるという厳しい時期を乗り越えていき、その後この地域の特産品となり、1982年には明石ちぢみと十日町絣が、国の伝統的工芸品に指定されました。

糸の原料となる繭には、最初と最後の部分に不純物や汚れが混ざることがあり、この部分は撚糸を強くかけると汚れが目立ってしまうので使うことができなくなります。

そのため、明石ちぢみは不純物の少ない糸だけを使用して作られているため、強撚糸を施した最高級の緯糸だけとなり、その手触りも清涼感のある滑らかさが特徴的で、緻密に織っているため図柄も美しく際立っています。

明石ちぢみを高値で売るコツ

伝統ある明石ちぢみを少しでも高く売るには、明石ちぢみの価値を正しく理解できる買い手を選ぶことが重要です。
価値が分かない所に売ると思わぬ安値になってしまう可能性があります。

その点、着物買取店なら明石ちぢみだけでなく、着物全般への深い知識を持った査定員が丁寧に鑑定してくれるので安心です。

参考:明石ちぢみを買取りしてくれる店一覧

こういったお店は訪問買取りや宅配査定にも対応しているので多忙な方にもおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ