会津木綿の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

会津木綿の買取り相場はオークションではいくらなの?

会津木綿の着物が自宅にあり、もう着ることがないのなら売る事を検討してみましょう。
売る際にチェックしておきたいのはその買取り相場です。

会津木綿をネットオークションで売るケースだと平均5,800円程度で買取りされています。
中古の着物の最高値はチェックの会津木綿で20,001円で売る事ができています。

ちなみに最安値は着物ではなくコースターが100円からあり、雑貨品の出品が会津木綿の平均価格を下げているようです。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎません。

会津木綿を高く売るのならその価値が十分に分かる着物買取店にお願いするのが一番です。

参考:会津木綿の着物を買取りしてくれる店一覧

こういった店は無料で査定してくれるのでその手軽さも魅力の一つです。

会津木綿の特徴を徹底解説

福島県の会津地方に伝わる伝統工芸品の会津木綿は、美しい地縞が特徴の着物となっています。厚みがありふっくらとした着心地で、風通しが良く吸汗性があるので夏でもサラッと着ることができるだけではなく、体温を保つ性質もあるので冬でも快適に着ることができます。

参考:福島で着物を売る

また、一般的な木綿平織物と比較しても縮みにくい性質があるので家庭で洗濯ができる点が大きなメリットと言えます。

会津木綿の着物のデザインの特徴としては、もともと爽やかな藍色に白の縞模様が基本でしたが、現在では赤や黄色、緑など、様々な色を組み合わせて縞模様が作られているので若い世代の人たちからも受け入れやすいことです。

合わせる帯や帯締め、下駄やバッグだけではなく、帯の締め方によって自分に合ったコーディネートが楽しめるでしょう。
近年では伝統的な会津木綿をより身近に感じてもらうべく、バッグやストールなどをデザインしているブランドも存在します。

手軽に洋服とコーディネートできるだけではなく、会津木綿の着物と一緒にコーディネートする若者も増えているので、重要が高くなることも予想できるでしょう。

また、会津木綿は長い歴史を持つ織物でもあります。
400年もの歴史がある織物なのです。

会津藩主蒲生氏が天正時代に産業振興のために綿花栽培を進めたことが始まりとされており、会津木綿の生産が本格化すると農民だけではなく武士の内妻たちの内職としても生産されていました。

明治末期から大正時代にかけて会津木綿はさらに最盛期を迎えることとなり、当時は30社あまりの織元が存在していたそうです。
ですが、昭和30年代を過ぎると生活スタイルが変わり仕事着としての需要が減ってしまったことで生産も縮小されてしまいました。

現在では「山田木綿織元」と「原山織物工場」の2ヶ所でしか生産されていませんが、伝統を守り続けていくため日々会津木綿を織り続けています。
高価で売るためには、会津木綿の着物であると証明することができる「証紙」を用意しておくと良いでしょう。

会津木綿を高値で売るコツ

会津木綿の着物を高値で売るには、状態を良好に保つ事が大切です。
シミや汚れがなく、綺麗な状態であれば高値での買取りが期待できます。

また売る際には買い手に着物に対する十分な知識があることが大切です。

着物買取店なら知識豊富な査定員が丁寧にその真価を見極めてくれます。

参考:会津木綿の着物を買取りしてくれる店一覧

近年では、出張買取りや宅配での査定を行っている店も多く存在しているので便利に利用できるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ