藍大島の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

藍大島の買取り相場はオークションではいくらなの?

様々な種類が存在する大島紬の中でも、藍染糸を使って織られている藍大島は深い色味から男女問わず人気の高い染織物です。
そんな藍大島がタンスの奥に眠っているという方は、ぜひ売る事を検討してみましょう。

ネットオークションで藍大島を売る場合の買取り相場を調べてみると平均5,700円程度です。
中古の最高値は都喜ヱ門の藍大島で99,000円で売る事ができています。
逆に最安値は1円からありますので価格の幅が非常に広いのが分かります。
もちろんこれらの値段はただの目安に過ぎません。

藍大島の着物を高値で売るのなら買い手に着物への専門知識が必須です。
その点、着物買取店なら深い知識を持った査定員がいるので安心して任せられます。

参考:藍大島を買取りしてくれる店一覧

無料で査定に応じてくれるので、買取り額に満足なら売ることを考えてみましょう。

藍大島の特徴を徹底解説

藍大島は、大島紬に分類され、鹿児島県内を中心に生産されている絹織物です。

参考:大島紬を売る

大島紬というと「泥染め」が有名ですが、実は泥染めだけではなく植物を使って染色する方法も取り入れられています。
大島紬の場合、基本的には先染めの方法が取られており、糸を染色してから布を織り上げるため、裏生地も表生地と同じような模様になります。
泥染めも最初に地糸を田んぼの泥水に漬けることで染色を施していました。

藍という植物を発酵させて藍液を作り、糸を染めており、藍染された2色の地糸を使って絣糸を作り、仕上げた作品が藍大島となります。
泥染めが発祥する前は藍を含む草木を使って染色していたのですが、泥染めが始まってからは藍大島の生産量も次第に減少していき、さらに藍大島は泥染めされた泥大島に比べて色落ちがあったことから徐々に生産されなくなってしまいました。

しかし、藍大島ならではの肌触りや色の深さ、濃淡の付け方など着物にとって魅力的な部分も多く、ほとんど生産されなくなった藍大島を求める人も少なくありません。

藍大島の特徴は、やはり染色された本絹糸を用いているため、色の深さに加えて絹特有の光沢感があることが言えます。

着心地も良いため日常的に使いやすい着物です。
模様も比較的シンプルなものが多いため、モノトーンコーデにも活用できるでしょう。
フォーマルな席には活用できませんが、街中へ出かける時や普段よりも少しだけリッチな食事などには藍大島の着物や帯がピッタリです。

そもそも大島紬自体が着物の中でも有名なブランドとなっているため、藍大島も高値で売る事ができる可能性は十分に考えられます。
織り上げるまでにかなりの手間がかかる着物でもあるので、思わぬ高値になるでしょう。

藍大島にも古代染色純植物染めの証紙がセットとなっているケースが見られるので、ぜひ確認しておきましょう。

藍大島を高値で売るコツ

できるだけ高値で藍大島を売るのなら、着物買取店に見てもらうのがおすすめです。
着物買取店の場合、藍大島を含めた大島紬など、着物の専門的知識を持つ査定士が、その着物の本来の価値を見極めてくれます。

参考:藍大島を買取りしてくれる店一覧

訪問査定や宅配買取りにも対応しているのもこういったお店の人気の秘密です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ