藍型染の着物の買取り相場はどれくらい?-高額で売るコツ

藍型染の着物の買取り相場はオークションではいくらなの?

着ることがなくなった藍型染の着物がタンスやクローゼットの中にありませんか?
藍型染を売るのなら、まずはその買取り相場のチェックから始めましょう。

ネットオークションで藍型染を売るケースを調べてみると、平均6千円程度で買取りされています。
中古の最高値は城間栄順の藍型染で102,000円で売る事ができています。
最安値は100円からありますからかなり価格の幅が広いです。
もちろんこの値段は目安ですのでご留意ください。

高値で藍型染を売るのなら着物への深い知識を持った鑑定士がいる着物買取店が便利です。

藍型染の着物を買取りしてくれる店一覧

藍型染はその価値が分かる専門家に鑑定してもらうのがおすすめです。

藍型染の着物の特徴を徹底解説

藍型染の着物は、藍一色や藍の濃淡で文様を染め出した型染の着物です。
シンプルながらも文様によって使用するシーンを使い分けることができ、ちょっとしたお出かけの際に着る人も多いです。

中でも沖縄で染められた藍型染の着物は有名で、「琉球藍型(りゅうきゅうえーがた)」と言われています。

琉球藍型は琉球紅型の一種で、琉球紅型は沖縄らしさのある色調で顔料や植物染料などを駆使して赤・黄・青・紫・緑の5色を使用し、大胆で鮮やかなデザインをしています。
琉球紅型が王族の方々が着ていたのに対して琉球藍型は型紙を使用して藍の濃淡で染められる着物のことで、渋さや落ち着きのあるデザインで江戸時代には庶民が着る着物として定着していました。

現在では合成染料を使用して染められる着物も多いのですが、琉球藍型は沖縄に自生している琉球藍を使用して染められています。
琉球藍はキツネノマゴ科の低木で夏から秋にかけて茎や葉を刈り取って藍色の染料をとっています。
染料の作り方としては、下記の工程で行われます。

  1. 藍を刈り取る
  2. 藍を数日間水に漬けて発酵させる
  3. 発酵させたら藍を取り除き、石灰を入れる
  4. 数日間置いておくと藍だけが沈殿するので、その上澄み液を取り除いて完成

こういった工程で作られた染料で琉球藍型が染められていきますが、藍液に浸す回数で着物の濃淡を表現することが可能です。

琉球藍型の着物は藍だけで染められながらもデザインが沖縄らしく爽やかな印象をしています。

夏場でも活用でき、ショッピングなどのお買い物の際に着こなすことができます。
帯を白系にすることで更に爽やかさが増すでしょう。

沖縄以外の藍型染の場合はシンプルで落ち着いた印象の着物であることが多いです。
ですが、使用する帯や小物によって自分好みのコーディネートができるでしょう。

藍型染の着物は普段使いできることから需要が高いと言えますが、高く売る事が期待できるのは、やはり琉球藍型などの有名産地での着物でしょう。

特に状態の良いものであれば高値が期待できるので、保管方法を見直してシミやシワなどの汚れがないか売る前に確認しておくことが大切です。

藍型染の着物を高値で売るコツ

藍型染を買取りしてもらいたいのであれば、やはり買取り実績が多く、着物の知識が豊富な査定員のいる着物買取店であることが重要です。

藍型染の着物を買取りしてくれる店一覧

中には出張査定や宅配買取りを実施しているところもあり便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ