着物が欲しいけどあまり予算がないといった場合でも、中古ならリーズナブルに購入出来るのでおすすめです。
中古の着物は骨董品店、リサイクルショップ、呉服店などで販売されています。
中古着物は、大きく分けてリサイクル着物とアンティーク着物の2種類があります。

2つの着物の違いについて

・アンティーク着物

アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物のことです。
状態が良いものは価値があり、数十万から十数万円の高額で販売されていますが、並以下の状態のものであれば、比較的安価に購入出来ます。
大正ロマンや昭和モダンと呼ばれていた花柄や幾何学模様、アール・デコを意識したレトロなデザインといった珍しくユニークで鮮やかな色合いが特徴です。
アンティーク着物は近年のレトロブームによって再評価され、人気が急上昇しています。

・リサイクル着物

一般的な中古の着物のことを総合してリサイクル着物と呼んでいます。
具体的にいつ頃作られた着物であるか厳密な決まりがなく、だいたい戦後以降に作られた着物だと考えて良いでしょう。
有名作家の作品や状態の良い着物を除いては、安価なことも多いので購入しやすいというメリットがあります。

中古着物を買うときは注意しよう

アンティーク着物もリサイクル着物もどちらも中古品なので購入の際は、注意が必要です。
特にアンティーク着物はかなりの年数が経っているので、どこかしら劣化している場合もあります。

・目立つシミや汚れなど気になる点はないか

古着なので、シミや汚れが付着している可能性もあるので全体を目視で確認してみましょう。
破れやほつれ等がなどがないかもしっかりチェックします。

・サイズの確認を

アンティーク着物は昔の女性の平均身長(約140センチ)に合わせて作ってあることが多いので、サイズも小さめです。
可能であれば購入前には必ず試着してサイズを確かめてみましょう。

着物専門店での購入がおすすめです

ネット通販は質感などを確認出来ないので届くまでどんな商品か分からなかったり、骨董市では試着が出来ないこともあるので、着物購入に失敗してしまうリスクも考えられます。
そのため、着物専門店などちゃんとしたお店で着物を買うことをおすすめします。
専門店は中古でも良質な着物をセレクトして販売しています。
試着はもちろんのこと、商品の特徴についての説明から取り扱いの注意点に至るまで、しっかりと話を聞けるので安心して納得の上で購入が出来るでしょう。