越後上布の中古価格は、ネットオークションでは2万~5万円程度

越後上布をお持ちの方で、オークションに出そうかそれとも着物専門買取業者に依頼するか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
越後上布の中古価格をオークションサイトで見てみると、その多くは2万~5万円程度のものが多く、中には6000円程度でオークションに出されているものもあります。
全ての越後上布がこの値段になるというわけではなく目安として覚えておきましょう。

ただ、中古品だと上等な越後上布であってもなかなか高値で売るのは難しいと言えます。

越後上布とはどんな着物?

越後上布とは、新潟県南魚沼市や小千谷市などで生産されている麻織物を言います。

同じ地域で作られている小千谷縮と同年(1955年)に国の重要無形文化財として指定されており、さらにユネスコの無形文化遺産保護条約となる、人類の無形文化遺産の代表的な一覧表の中にも記されたことから、高い価値を持つ日本の代表的な織物と言えるでしょう。
越後上布の歴史は大変古いもので、奈良県東大寺の正倉院に宝物として保管されている程です。

年代で言うと、約1200年前には新潟の地で作られていたと考えられます。

また、鎌倉時代や室町時代など、その時代を治めていた将軍への贈り物として渡されることが多かった越後上布は、歴史の中で常に上等品として扱われていたことが分かります。
ただ、現在では「幻の織物」と言われてしまう程になってしまいました。

その原因として考えられるのは、越後上布の原料となる「苧麻」の生産量減少や、越後上布を作り出す職人が少なく、後継者の老齢化も進んできていることが挙げられます。
江戸時代では20万~30万反もの生産量を誇っていましたが、今は年間20~30反程しか作られなくなってしまいました。

越後上布を作る上で欠かせないのは、雪晒しです。
雪晒しとは3月の晴れた日に雪の上に仕上げた布を晒しておくことで白くさせることができます。
漂白効果のある雪晒しは、魚沼や小千谷では春を告げる風物詩でもあります。

ただし、全ての越後上布に雪晒しが行われるのではなく、白くさせたい布だけを晒すことになっています。

越後上布の特徴として、麻織物なのにとてもしなやかに感じられるという点や、自然素材だけで作るとどうしてもざらっとした感触があるのですが、それを感じさせない柔らかさなどが挙げられます。
このしなやかさと柔らかさを備えるために、地機という作業と足踏み作業が重要な役割を果たしています。

地機で極細の糸を腰に巻き付けながら織り上げていくことでしなやかさを出し、足踏みで自然布の汚れを落としつつ布目を引き締めることで柔らかさを出しているのです。
この2つの作業があることで、初めて越後上布のしなやかさと柔らかさが生まれます。
肌触りはもちろんですが、麻織物ならではの涼感もあり、ぜひ夏に着用したい織物です。

上品で質の高い越後上布は、男女問わず素敵な織物が多いことも特徴と呼べるでしょう。

越後上布を高値で売るコツ

越後上布を持っているけど中古だから高値で売れないのでは?と不安な方も多いのではないでしょうか。
確かに、オークションでは価格を下げないと売ることができない可能性があります。

しかし着物専門買取業者へ買取査定を依頼することで、価格がグッと上がる可能性があるのです。

専門の買取業者は越後上布の相場を正確に把握し、状態によって価格を正しく判断していきます。
そのため状態が良かったり、他の和装小物があったりすればその分セットで販売しやすくなり、値段も上げやすいのです。

例え傷があったとしても越後上布という上等な織物であれば、高値で売ることも可能でしょう。
ぜひ越後上布の買取を考えている方は、着物専門買取業者へ相談してみてください。