店舗持ち込みによる着物買取りのメリットとデメリット

全国各地で着物を買い取ってくれる専門店が存在します。
買取方法には発送や出張などが様々な方法がありますが、やはり直接お店で査定してもらってからの買取がポピュラーではないでしょうか。
しかし、店頭持ち込みにもメリットとデメリットの両方があるので、その点を理解した上で買い取ってもらう必要があります。

持ち込みでのメリットとは

持ち込みでのメリットでは、まず査定士が自分の目の前で鑑定を行います。
なので、買取価格を表示された時も、納得した上で取引することが可能です。
さらに、その場ですぐに現金が渡され、振込などよりも確実な入金法で安心できることもメリットだと言えるでしょう。

宅配では発送前の準備や発送後の結果待ち、出張では予定に合わせてきてもらうなど、査定に時間が掛かってしまいます。
しかし、店頭持ち込みなら事前に予約し、自ら出向くので時間が掛かりません。

目の前で査定することは出張買取と同じですが、出張買取の場合はお店によっては出張費などが掛かってしまうので、そこで余計な負担になってしまうと言えます。
その点、自分で持っていた方が負担が少ないことも多いです。

持ち込みのデメリットとは

店頭持ち込みのデメリットは、やはり着物をお店に持って行く手間です。
着物は結構重量があり、大量に持ち込む場合は移動も不便になります。
女性1人だけで持ち込みをする場合などが特に大変でしょう。

業者などへの売却の独自ルートが豊富で実績のあるお店であれば、そこそこ良い買取価格となるので、その点にも気を付けて選ぶことが大切です。
そして、買取の金額に不満がある場合や、汚れや痛みなどの理由で着物を買い取ってもらえない場合は、着物を引きとる必要があります。

発送なら宅配便で返却されますし、出張ならそもそも自宅なので返却の手間は掛かりません。
ですが、持ち込みでは再び自分で持ち帰らなくてはいけないので、店舗持ち込みは移動面で大きなデメリットがあると言えます。

査定に納得して買取の取引ができる店舗持ち込みですが、大量買取などには不向きです。
また、高額買取を狙う場合にもデメリットがあるので、状況に適した方法での買取方法を選択しは方が良いでしょう。
しかし、時間をかけずに査定と買取を行いたいのなら、持ち込みが便利に利用できる手段をも言えます。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ