反物を高く買取りしてもらうには、あるコツが必要です。
この機会にタンスの奥に眠っている反物を高く売る方法を知っておきましょう。

反物の買取り相場はオークションではいくらなの?

売る前に、まずはその買取り相場のチェックからスタートです。
ネットオークションで反物を売る際の相場を調べてみると平均7,122円でした。
中古の最高値は山下八百子の黄八丈紬の反物で65万円で売ることができています。
逆に最安値は1円からあるので、まさにピンからキリまである事が分かります。
もちろんこれらの数字は目安に過ぎませんが、売る際の参考にはなります。

反物を高く売るにはその価値が分かる目利きのいる着物買取り専門店にお願いするのがおすすめです。

参考:反物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういったお店は無料で鑑定してくれるので、提示額に満足ならはじめて売る事を検討すると良いでしょう。
反物には比較的高値が付きやすいと言われます。
なぜなら、反物は着物を仕立てる前の物だからです。
着物の査定では、実さサイズや状態などの条件も査定価格を左右する重要な部分になります。
仕立てる前の反物はサイズや状態の条件も良いことが多いので、高価で売る事ができるという訳です。

高値で売る事が可能な反物とは?

反物は着物になる前の布状態であるので、柄や織り方、染め方売る際の基準となります。
しかし、それだけではなくどんな素材であるかも重要されると考えられているのです。

高級布といえば絹であり、絹で作られる着物は高級着物として扱われ、買取り価格も高価な傾向があります。
ですので、反物も絹が多く使われているものほど、査定時の価格を左右するというわけです。

逆に、ポリエステルなどのものは、売る事すら難しいです。

反物を売る際には、どんな素材なのかが重要になります。
しかし、素人には絹が使われている量を見ただけで判断するのは難しいです。

絹の量は重さで測ることができます。
反物の隅に「匁」という文字が書かれてあれば、そこに記された数字を見てみましょう。
そこに書かれている数値の値が大きほど絹の量が多いと言えるのです。
このように、絹の量を見極めれば高値で売る確率は上がるでしょう。

伝統工芸や有名作家のものは高価買取りに期待!

やはり反物も、着物と同様に伝統工芸品や作家物であれば、高額で売る事が望めます。
重要無形文化財に指定されや「結城紬」や「大島紬」、帯の反物であれば「博多織」や「西陣織」、「紅型染」、「丹後ちりめん」などのブランドは高価買取が望めるでしょう。

ブランドの反物であれば、伝統工芸品マークや織元の名前などは記された証紙や証明書が発行されます。
証紙や証明書は大切に保管し、査定の際に一緒に提示すれば客観的な価値の証明となり、ブランド反物も、より高値で買取りしてもらえる可能性が高くなります。

「証明書付きで査定額アップ」と宣伝するショップも多いので、ブランド反物をお持ちの方はそのようなお店に売ることを考えてみましょう。

反物を高く売るには買い手選びも重要です。
その点、着物への深い知識を持った査定員のいる着物買取り専門店なら安心です。

参考:反物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

着物の価値が分からないお店に売るのは思わぬ損の原因になります。
反物の価値を見極められる専門店なら安心してお任せできます。