久保耕の着物の中古価格は、ネットオークションでは34,000円程度

京友禅で有名な着物メーカー・久保耕の着物を売りたいと思った時、どのくらいの相場で売れるのか気になる方は多いはずです。
ネットオークションに久保耕の着物を出品した場合を調べてみたところ、約34,000円が平均相場のようです。

ネットオークションでは出品時に自分で値段を設定でき、さらに落札者が競り合って金額が上がる仕組みなので、正式な相場とは言い切れません。

正しい相場で高額買取を狙う手段としては不向きな買取方法でしょう。

久保耕の着物の特徴

久保耕は1938年から京都を拠点に着物製造を行っている京友禅で有名なメーカーで、第二次世界大戦が始まる前の1938年に久保耕太郎氏によって創業されました。

京都の伝統工芸品である京友禅の技術を守りつつ、上質な着物をつくりあげており、多くの着物ファンが存在します。

京友禅の歴史はとても古く、元禄時代からつくられています。
白い生地に染色で柄をつけていく染物で、繊細で美しい着物が多く、たくさんの人々を魅了しています。
染色に鴨川の水を使用しており、久保耕でもその伝統を守って染色を行っていたのです。

また、高度な技術力を有した熟練の職人でなければ難しいとされる精度の高い染め絵から、多彩な筆などの道具を使い分けて完成された京友禅はとても高評価を得ています。

京友禅の製造工程はとても複雑で、工程の数も多いのでほとんどの業者は工程を分担して制作しています。
ところが、 久保耕では全ての工程を一貫して行っているのです。
一貫体制で京友禅を製造している業者は、久保耕を含めても数は少ないとされています。

さらに、染物でも機械化が進む一方、久保耕では手縫いの刺繍や金加工など伝統技術を守って製造しているので、機械では表現が難しい柔らかさやメリハリのある高級な着物に仕上がっているのです。
努力を惜しまないことが、京都を代表する着物メーカーの発展につながったと言えるでしょう。

久保耕の着物の魅力は繊細で美的なデザインですが、それを惹きたてているのがバランスの良い配色です。

多彩な色を使う着物は鮮やかで華やかさがありますが、全体の配色バランスが非常に難しく、優れたセンスが求められます。

しかし、久保耕は配色バランスへの配慮がされており、多彩な色を使っていても全体的にまとまりのある色使いとなっているのです。
京友禅の魅力は図案や色合いに魅力がありますが、久保耕は京友禅が持つ魅力を最大限に引きたてる配色バランスが、素敵な着物の数々をつくり上げるコツになっていると言えます。
高品質な着物ばかりなので、フォーマルな場所でもぴったりな着物です。

さらに見た目だけではなく、着心地にもこだわりがあるようです。
久保耕では生地に良さにこだわり、染めに使用する生地の生糸も上質なものを厳選して使用しています。

デザイン性だけではなく、着心地の良さも多くの着物ファンを虜にしているポイントなのでしょう。

久保耕の着物を高値で売るコツ

久保耕では京都の伝統工芸品である京友禅などの技法を使って着物を製造しており、品質を証明する証紙が張られています。
証紙があるかどうかでも買取価格を左右するポイントなので、証紙と一緒に査定してもらうことでより高値を期待できるでしょう。

また、着物の保管状態が良いほど高額買取が可能です。
しかし、着物が古くて売れるか不安と思う方もいらっしゃるでしょう。
着物専門買取業者では古い着物であっても、正確な査定で金額を提示し、買取をしてくれる業者が多いです。
出張買取や宅配買取などのサービスを行っているところも多いので、久保耕の着物を高額買取してもらいたい方は利用してみましょう。