着物のアクセントとなる帯留めや髪飾り、足袋や巾着などの小物類は、着物全体のコーディネートを変化させるには欠かせないアイテムです。
着物はたくさん買うことができなくても、小物を帰るだけでグッと印象を変えることができます。
いざ不要になった場合は、着物買取専門店で買い取ってもらうのがおすすめです。
では、買取の際に高値で売るためのコツをご紹介します。

和装小物の買取相場はどのくらい?

和装小物は着物の種類と比べて種類が豊富です。
なので、相場価格は小物によって大きく変動しますが、状態が良い小物であれば数千円から約2万円程度が相場の基準になります。

帯締めや帯留めといった伝統工芸品が使われているものは、高値で買い取ってもらえることが多いです。
また、着物を着用する人によっては小物を多く持っていたいと思う人もたくさんいます。
その重要性が大きくなるほど市場の価格は上昇するので、そういった理由で小物の買取に高値が付く可能性もあるでしょう。

高価買取なら収納箱も一緒に

まず和装小物で高値を狙う際は、収納箱を揃えておくことが秘訣です。
その理由は、収納箱も揃えていれば見栄えが良いので、さらに保存状態の良さを決める基準にもなります。
物を売るための信頼感をお店側に与えたいのなら、収納箱を取っておくと査定額も高くなるといるでしょう。

「箱付きでさらに高額」と売り出しているお店も多いので、箱もあるのならそのような対応を行っているお店を選ぶのがおすすめです。

複数点をまとめて売る

和装小物の場合、単品での買取よりもセットでの買取の方が高値で売れる傾向があります。
例えば着物とセットになっている小物を一緒に売ると、少し高額な価格にサービスしてくれることが多いです。
小物同士でも良いかもしれませんが、着物とのセット買取の方が良いと言えます。

しかし、査定士によって金額の付け方は異なるので、確実な方法ではないことを理解しておきましょう。

このように、和装小物の買取は保存状態だけではなく、収納箱の有無、セットでの買取も査定価格を多少左右すると言えます。
高価で買い取ってもらいやすい小物は銘柄ですが、保存状態と合わせて工夫次第では高値で買い取ってもらうことも可能です。

着物と一緒に和装小物も大切に保存しておくことが、高値に評価される一番のコツになります。
小物を売る際は収納箱や複数点の買取を意識し、小物買取に特化しているお店を選んで買取してもらいましょう。