川島織物の帯の買取り相場はオークションではいくらなの?

川島織物の帯を売る場合、まずは買取り相場を知っておきましょう。
ネットオークションで川島織物の作品を売るケースを調べてみると、平均24,000円程度です。
中古品の最高値は千總の長襦袢と川島織物本袋帯のセットで284,000円で売る事が出来ています。

これらはもちろん目安に過ぎません。
高値で売るのなら、川島織物の真価の分かる査定員のいる着物買取り専門店に相談するのが一番です。

参考:川島織物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

査定は無料なので、提示額に満足なら売る事を検討してみましょう。

川島織物の着物の特徴

川島織物は、京都府に本社を置く帯や和装小物を製造し販売している企業です。
そのほかにもカーテンやカーペットなどのインテリア・室内装飾の製造販売もしています。

川島織物の歴史は古く、天保14年に初代・川島甚兵衞が創業しました。
明治12年には辨次郎が二代目・甚兵衞を襲名し、その後も海外に織物の研究に行くなど常に織り物について追求し続けてきたのです。
明治22年にはパリ万博博覧会に綴壁掛を出品し、金賞を受賞しました。
その後も様々な国の万博に出品し、数々の賞を受賞したのです。

帯に関しても、織物についてを追求し続けただけあり、独自の技法によって美しく上品な作品をいくつも作り出し、織物業界をリードする存在となっていきました。
その後、社名を変更するなどして平成18年には、株式会社川島織物・株式会社セルコン・株式会社川島織物販売の3社が合併し、「株式会社川島織物セルコン」となりました。

着物のファンであれば誰もが一度名前を聞いたことがあり、憧れを抱いた作品を作り出しています。

デザインの特徴としては、上品という言葉がぴったりです。

中でも有名な作品と言えば、「錦丸帯・檜扇紋様」でしょう。
ドイツ王室に献上するため、2代目の川島甚兵衞が製作しました。
ベルリンの美術工芸博物館で保存されており、外国人からの評価も高いです。そして、現代でも様々なデザインのプロダクトが販売されています。

「KAORU」は、野バラを大胆にデザインし、シンプルな着物でも合わせやすく、華やかな印象を与えてくれます。

「COLLECT」は、モザイクアートが施してあり、スタイリッシュな大人の女性にも似合うデザインとなっています。
シンプルさを求めたい時には最適でしょう。

「SOSO」は、ヨーロッパレースをアレンジしたデザインで、上品な中にも可愛らしさを演出できるので、幅広い世代の方に人気となっています。

そのほかにも、パリの地図や猫、クレヨンで描いたようなデザインなど、遊び心を加えた個性的なデザインの品物もあるので、若者から大人まで取り入れやすく使いやすいことが特徴です。

また、川島の帯は締めやすいと評判で着心地もよく、着物初心者にとっても高評価となっています。
織り方は非常に繊細で、素材選び、デザイン、織設計、染色、製織まで一貫して行っています。

各工程では、独自の厳しい基準を設けているので品質も高く、美しくしなやかな製品が出来上がるのです。

川島織物の着物を高値で売るコツ

川島織物の帯は多種多様なデザインがあり、高値での買取りが期待できます。
高く売るのなら、素人が参加するネットオークションより、着物買取り専門店に査定してもらう方が良いです。
プロの目利きがその価値を丁寧に鑑定してくれます。

参考:川島織物の着物を買取りしてくれる専門店一覧

こういったお店は訪問買取りや、箱に詰めて送るだけの宅配買取りに対応している所も多い為、大変便利です。