状態の悪い着物は買取りしてもらえる?もらえない?

長くタンスの中に入れていた着物を売る際、気になるのは着物の状態です。
長い間タンスの中にそのまま入れていたとしても、着物は経年劣化します。

また、よく使っているものでもシミや汚れなど目立つ場合もあります。
このように、状態の悪い着物は売る事ができるのでしょうか?

結論から言うと、状態の悪い着物はケースによっては買取りされないケースがあります。

これを逆に言うと状態が悪い着物でも売る事ができる可能性も十分にあります。

「これ売る事ができるかなあ」
と迷ったら、まずは着物買取り専門店の無料査定にみてもらうのがおすすめです。

参考:状態の悪い着物も無料査定してくれる買取り専門店一覧

査定自体は無料なので、とりあえず、無料査定を受けて、価格に満足なら売ることを検討してみましょう。
思わぬ高値が付くことも珍しくありません。

なぜ状態の悪い着物でも売る事が可能なのか?

着物の状態がかなり悪くても売る事が可能なのには理由があります。
まず、一つ目の理由はリサイクル・アンティーク着物の需要が高まっているためです。

最近若い人の間でも和装を好む人は増えており、着付け教室も賑わっています。
着物を着たいが、新品を買うにはお金もかかる…。
そういった理由からリサイクル着物を選ぶ方が増えているのです。

また、アンティークものであれば穴やほつれ、汚れなどが多少付いていても気にしないという方もいます。
アンティークの場合は多少、状態が悪い着物でも高値で売る事が可能なケースが多々あるのです。

二つ目は、外国人気が高まっていることです。
日本古来から着用されている着物は、今海外の方にも人気を集めています。
汚れやシミがかなり目立つ状態が悪い着物でも海外の方にとっては、あまり気にならないという方もいます。

さらに海外の方の中にはそういった状態の悪い着物を安く手に入れてリメイクし、オリジナルの衣装や小物を作って楽しまれる方も多いようです。
これらの理由から、状態が悪くてもきちんと買取りされるケースがあります。

ボロボロで着られない着物…そんなものでも買取りされるのか?

あまりにもボロボロだったり、大きなシミや汚れがついている時は、買い手もなかなかつかないため、買取りできないケースもあります。

着物買取り専門店の中には無料処分に対応しているお店もあります。
こういったお店に、状態の悪い着物を無料査定してもらい、値段がつかないようなら、無料処分というのも賢い方法です。

参考:状態の悪い着物も無料査定してくれる買取り専門店一覧

着物の価値は、専門知識が無いと分かりません。
ボロボロな着物を専門家に見てもらったら思わぬ高値で売る事ができたケースもあるのです。