和歌山県の着物買取り業者

和歌山県で着物買取りを行いたい場合、どんな店を選べば良いのでしょう?
和歌山県の着物買取りができるお店は少なく、質屋がメインとなってしまいます。
数少ない着物買取りのお店を紹介すると「Kimono OLD&NEW まるい」というお店があります。
こちらは新作着物からリサイクル品まで取り扱っており、販売から買取りまでを行っているお店です。

もしもこういった着物や和装小物が売りたい、または出張買取してもらいたいけど場所が遠いという場合、ネットでの買取りがオススメです。
和歌山県には着物買取りのお店が少ないので、ぜひネットを活用しましょう。
「スピード買取.jp」では、様々な素材の着物や和装小物も買取りできる可能性が高いです。
しかも着物買取りの経験を多く持つスタッフが適切な査定を行ってくれるので安心です。

出張することでお金がかかったり、買取りをキャンセルしてお金がかかるなどのことも見られないので、まずは相談してみましょう。

和歌山県で着物を着て行ってみたいイベント

・真田まつり

九度山町で開催されている真田まつりは、真田昌幸・幸村親子を偲んで行われるお祭りで、鎧をきたて馬に跨った真田親子と武者の行列が街の中を練り歩いていきます。
まるで戦国にタイムスリップしたような感覚になるでしょう。

また、この他にも様々な催し物が開催されるため、ぜひ着物を着て戦国時代の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?

・和歌山港まつり花火大会

毎年夏に行われる和歌山港のお祭りで、たくさんの花火が打ち上がり、和歌山県内から多くの人が訪れる花火大会です。
台船から花火を打ち上げるため、とても近くに花火を感じられます。
元々は港の安全祈願と、港について関心を持ってもらおうということで始まったこの花火大会は既に60回以上を超える大きな花火大会へと変わっていきました。

花火大会にピッタリな着物を着て、夜の海の真上に広がる花火をぜひ見に行きましょう。

・熊野那智大社紅葉祭

熊野那智大社で行われる紅葉祭は、毎年11月4日に開催されるとても歴史的なお祭りです。
その歴史は古く、花山法皇が那智山の山中で紅葉を愛でるような歌を詠み、それを滝へ流したという故事が残っています。
平安時代から美しいとされていた那智大社の紅葉を、ぜひ着物を着ながら眺めていってみてはいかがでしょう?

和歌山県の主要都市の紹介

・和歌山市

県北部に位置する和歌山市は、県庁所在地であり県内人口のおよそ4割近い人が住んでいるプライメイトシティとなっています。
周りには和泉山脈や紀淡海峡など、豊かな自然に囲まれており、交通面も充実していることからアクセスにも便利な都市です。

・田辺市

県南部に位置する田辺市は、県内のみならず近畿地方において最大面積を誇る市として知られています。
その面積のほとんどは山々が占めているのですが、その中を通る熊野古道のルート分岐点にもなっている箇所があるため、多くの方が田辺市に訪れています。

・橋本市

県北東部に位置する橋本市は、大阪府や奈良県とも隣接している地域です。
隣接しているということで、住宅地も多く、駅や京奈和自動車道など、交通インフラも十分整えられています。

・紀の川市

県北部に位置する紀の川市は、大阪の関西国際空港からも車で30分程度で到着できてしまう程の近さを有しており、住みやすく観光にも行きやすい都市です。
国の重要文化財にも指定されている神社やお寺も多く、特に粉河寺は庭園が国が指定する名勝庭園としても知られています。

・海南市

県北部に位置する海南市は、和歌浦湾沿いにあり瀬戸内の温暖な気候が過ごせる暮らしやすい都市です。
紀州漆器と呼ばれる漆器の産地としても有名です。