徳島県で着物買取り額の高いお店はココだ

徳島で着物や帯を売るのなら、全国ネットのお店の方が高値の買取りが期待できます。
流通経路が全国に確立されている為、業者も徳島で買取りした着物を高く売る事ができるのです。

また、常に激しい競争にもまれているのも大きなファクターです。

全国ネットの着物買取り専門店は、段ボールに入れて送るだけの宅配買取りや、出張買取りに対応しているのでその手軽さも魅力です。

参考:徳島から着物の買取りが申し込める専門店一覧

専門知識豊富な査定員がいる為、普通のリサイクルショップに売るよりも高価での買取りが期待できます。

【特に高額で売る事が期待できる着物】

  • 訪問着や留袖
  • 反物
  • 人間国宝などの作家物、ブランドもの

小物もいっしょに買取りしてもらえば更に高価買取りが期待できます。
紬や作家物は証紙があれば高価買取りの可能性がアップ。
また、多少のシミや汚れがあっても売る事ができる場合があるので、専門店に相談してみましょう。

徳島で着物を買取りしてくれる住所データ一覧

住所 電話番号
きもの阿波和 〒772-0003 徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜339 088-686-3578
買取問屋リサイクルマスタージャパン徳島 〒773-0007 徳島県小松島市金磯町9-36 0120-770-718
買取センターアクア本店 〒771-1311 徳島県板野郡上板町引野字青谷42-10 0120-721706
きもの ふりく 〒770-0815 徳島県徳島市助任橋2丁目34-3大井ビル2F 088-635-9119
鳴門うず福 〒779-0304 徳島県鳴門市大麻町松村羽坂22-3 088-689-1479

※2018.3現在

【徳島の着物事情】

徳島の和服の小売り額年間約38億円、全国では、42番目になります。
一世帯当たりの年間の着物購入額は平均すると768円と低く、全国の順位では、こちらも全国40位と和装が盛んとは言い難いです。

ただし、洋服の購入額は全国29位と健闘しています。
おしゃれへの意識が低いとは言えないでしょう。
購入する服の中で和装の占める割合も全国40位ですから、着物への関心が比較的低い土地柄と言えるでしょう。

徳島には阿波しじら織等の特産の着物があります。素晴らしい織物がある地域なので、非常にもったいないです。
地元の着物への関心をまずは深めていきたいところです。

徳島県の着物の特色

・阿波しじら織(徳島市)

阿波しじら織は、江戸時代、庶民が絹布を着ることを固く禁じられていたため、木綿の織物でなんとか華美にしようと苦心して作り上げたものです。
明治維新のころ、阿波阿宅村の女性が、雨に濡れて縮んだ布にできた、デコボコをヒントに、苦労して研究を重ねて、織り上げていったものだとされています。経糸の張力差をつかって、シボを出していきます。
国の伝統工芸品として、通産大臣の指定も受けており、現代もなお受け継がれているのが阿波しじら織です。
独特の風合いをもったシボは、とても美しいものです。また、デコボコがあるので、肌触りがとてもいいのが特徴です。
綿素材なので汗を吸い込むため、夏の素材としても適しています。

・阿波藍染(徳島市など)

徳島は藍染の文化があり、すくもと呼ばれる藍の原料を作っている本場です。徳島で作られたすくもを、阿波藍と呼んでいます。
発酵建てという方法で、阿波藍を原料として、染めていきます。阿波正藍染法として、県の無形文化財にも登録されています。現代では、普通の洋服やインテリア用品などにも使われているのが特徴です。

徳島県で着物を着て行ってみたいイベント

・阿波おどり

毎年夏に開催されている阿波おどりは、徳島県内はもちろん全国各地から観光客が訪れる一大イベントです。
徳島市内の中心部にある公園や通りでは、人が列をなして阿波おどりを踊っています。
阿波おどりを踊る様子を着物で眺めていると、こちらもつい踊りだしたくなってしまいます。

・小松島港まつり花火大会

小松島港まつり花火大会は徳島県内で一番早く開催される花火大会です。
夏の風物詩でもある花火を徳島県内で一番最初に見られるということで県内から多くの人が集まります。
港の沖合いから打ち上げられるスターマインや尺玉といった様々な花火は、打ち上がった姿も美しいですが、海の水面に反射しているところも含めて見るとまた花火の美しさが増します。
花火大会では多くの方も浴衣や着物で訪れるので、着物デビューにはもってこいなイベントと言えるでしょう。

・岩脇公園桜まつり

那賀川の堤防側にある岩脇公園では、毎年春になると桜が満開を迎え、およそ400m近くにも及ぶ桜のトンネルを作ります。
着物で桜のトンネル内を歩くことで春の風情を感じられます。

徳島県の主要都市の紹介

・徳島市

県北東部に位置する徳島市は、徳島県の県庁所在地にあたり、県内でも交通や住環境などが整備されている都市です。
徳島市内では夏になると130万人もの人が訪れる阿波おどりが開催され、市内の至るところで阿波おどりを見学・参加することができます。

・鳴門市

県北東部の一番端にある鳴門市は、日本百景にも選ばれている鳴門海峡や、その海峡にかけられた兵庫県淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋などがあります。
この他にもドイツ館や鳴門公園などの観光客も多く訪れるスポットが多くみられます。

・阿南市

県南東部に位置する阿南市は、県南部において行政などが置かれている中心都市であり、盛んな鉱工業や発光ダイオードなどの生産地として有名です。
また、四国で初めてのナイター付野球場アグリあなんスタジアムも阿南市内にあります。

・吉野川市

県北部に位置する吉野川市は、県の指定史跡となっている上桜城跡や川島城などの歴史的文化が息づく都市となっています。

・阿波市

県北部に位置する阿波市は、香川県と隣接している都市で、御所のたらいうどんなどの四国のお遍路で有名になった特産品などがあります。

 

 

徳島で高く着物を買取りしてもらうコツ

徳島で和服の処分を考えているのなら、近場のリサイクルショップの店舗がまず候補にあがるでしょう。
リサイクルショップで高価買取りを期待するなら、着物に対する知識のある査定員がいるか、電話で良いので確認しましょう。

しかし、最も安心なのは、やはり着物買取りの専門店です。

参考:徳島から着物の買取りが申し込める専門店一覧

徳島だけでなく全国エリアに対応しているので、競合も激しく、高値での買取りが期待できます。
シミや汚れのある状態の悪い着物でも、こういった専門店は無料で査定してくれます。
保管状態の良いものは当然、査定額も高くなる傾向があります。