【埼玉県の着物買取店】高値で売るコツと高額査定業者リスト

埼玉県の着物買取業者

埼玉県にはリサイクルショップや質屋など着物の買取りを行っている店舗が多数ありますが、それぞれの店舗によって買取り方法が異なっています。

新座市にある「埼玉買取センター」では、事前に電話やメールで着物の査定を依頼してから出張買取りを行っています。
着物関連の商品であれば買い取り可能なので、1度しか使っていない振り袖やお子様の七五三の着物などでも査定してもらうことができます。
また久喜市にある「きもの買取成化」では、店舗での買取りも行っています。
着物の買取りの際に点数が少ない場合は持ち込みのみとなり、正絹着物20枚、帯が15点程度で出張買取りが可能です。

少ししか点数がないものの、なかなか店舗に足を運ぶことができない場合は「スピード買取.jp」を利用してみましょう。
スピード買取.jpでは、柄が古くなってしまった着物や仕立て前の着物でも買取り可能で、他の店舗よりも買取り価格が安くなってしまった場合は全額返金もしてくれます。
また無料査定で、少数でも出張買取りや宅配買取りが可能なので、合った方法を選んで査定をしてもらうことができるので便利です。

埼玉県の着物買取店の口コミ体験談

●瀬戸(35歳、男性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

祖母の遺品整理で出てきた振り袖を今回は出すことにしました。

やや古めではあるのですが質と保存状態が良いので、せっかくだから良い査定金額で買い取ってくれるお店をネットで探した結果、評判がいいバイセルを選びみました。

バイセルは無料出張買取をしてくれるそうであり、遺品整理でバタバタしていた時期だったので助かりました。
訪問買取に関しては色々とお店別でサービスの質のバラ付きがあるみたいです。
こちらのバイセルさんは流石に大手らしく丁寧な説明と本部への確認等をしての査定となったので、安心できると思いました。


●洋子(30歳、女性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

10年前に仕立てた振袖を買取りしてもらいました。

おたからやに行って、査定してもらいました。
出していただいた査定金額に納得したので、買取りをお願いしました。

おたからやの店員の丁寧で分かりやすい説明を聞き、納得して買取りしていただきました。

ただし、私の行ったおたからやは店舗が狭いところでしたので、待っている時間も長く、疲れてしまいました。
もう少し、待ち時間の短縮などができ、更にお水などがサービスされればうれしいです。
おたからやは接客の仕方も良かった為、書類やサイン、身分証の提示も抵抗なくできました。


●ばりばり(37歳、男性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

母が若いころに着用していた振袖を私の古着と一緒に近所のオフハウスへ持ち込みました。
振袖が1点、残りは私の古着が30点ほどでした。

私は着物の知識などは全く無く、処分できればいい、位に思っていました。
全部で4~5000円くらいになればいいかと、10分ほどの査定を待ちました。
呼ばれてびっくり。レシートには15000円

想像以上の価格に面を食らいました。
内訳は、私の古着が2500円。母の振袖は12,500円でした。
年月は過ぎているとはいえ、素人の私の目から見ても、保存状態は非常に良く、きれいなものだったためかもしれません。
私はたまたま買取り価格に恵まれましたが、着物の相場は非常に広く、種類も豊富なため事前のリサーチは必須だと思います。


●セッキー(24歳、男性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

母親、妹の代理で私が着物の買取り会社を探していました。
母親が20年ほど前に100万程度で購入した着物をまんがく屋にて買取りしてきました。

妹が成人式で着用し、その後不要になり売る事に至った次第です。
モノについてはほとんど着る機会がなかったため、経年劣化はあったものの良好なものでした。
色合いは、赤を基調とした少し派手目なものでした。
まんがく屋によると、素材も高価な素材を利用しているとのことで、高めに買取りできるとのことでした。


●智也(40歳、男性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

私は男性ですが、着物が大好きで複数着持っています。
コレクションしているうちに似た着物が増えてしまって着なくなったものが4着ほど出てしまいました。

そこで3か月ほど前にネ久屋で着物買取をしてもらうことにしました。

ちなみにどんな着物を査定してもらったのかというと、結城紬の着物であったり、小紋の着物であったり、大島袖の着物など。
どの着物も購入してから5年以上たっていますが、大事にしていました。

査定会社によっては、男性着物は買取りできないと言われたり、とんでもなく低価格な査定額を提示するところがありました。
そんな中、久屋はまともな査定金額をつけてくれて買取りしてくれました。


●恵子(50歳、女性)
●埼玉県

●着物買取り体験談

今から1年ほど前、着物を買取り店の福ちゃんに売りました。
押入れで全く着ることが無くなった振袖、訪問着が5着ほどを発見したからです。

どうせ着ないのなら売って他に新しい着物の購入資金に充てようと考えました。

福ちゃんを選んだ理由は、電話一本で家まで出張査定してくれて、キャンセルした場合でもキャンセル料無料だったからです。実際に訪問してもらって振袖と訪問着の査定をしてもらいました。

埼玉県の着物の特色

・秩父織、秩父銘仙 ( 秩父市)

秩父銘仙は、国の伝統工芸品に指定されています。指定されたのは2013年のことです。

秩父銘仙は、崇神天皇の時代に、知々夫彦命が、住民に蚕養殖の技術と、はた織りの技術を教えてくれたことが起源とされています。埼玉には海がなく、秩父は山に囲まれています。そのため、稲作には向いていなかったのです。

それゆえに、養蚕業が発展してきました。太織と呼ばれる野良着を生産していたのですが、それが評判となり、鬼秩父と呼ばれて人々の普段着として広く使われるようになりました。

その後、秩父銘仙と名前を変えました。
色柄が大胆で、艶やかなものになり、モダンになりました。そのため、大正から昭和初期にかけて、女性の間で手軽なおしゃれ着として全国的に人気になったのです。
当時は、養蚕業を含めると、住民の約7割がきもの関係の職についていたと言われており、秩父の名産となっていました。太織は当初、めいせんの名で販売され、三越で売られる際に産地が責任を持って選んだ優良品という意味で銘撰という字になり、秩父銘仙と名前が変化しました。

ほぐし捺染(なっせん)

ほぐし捺染技術の開発により、秩父銘仙は華やかで大胆なデザインを施すことができるようになりました。
秩父地域出身の坂本宗太郎氏により明治41年に特許が申請された技術となります。経糸をそろえて、緯糸をあらく仮織りします。型染めを行い、正式に織る方法です。
仮織りした緯糸を手でほぐしながら織っていくため、ほぐし捺染と呼ばれています。別名は、ほぐし織りです。

ほぐし捺染は、糸に型染めをします。そのため、裏表どちらも同じように染められ、裏表のない生地となります。経糸と緯糸の関係で、角度によって色の見え方が異なります。まるでタマムシのような効果がある場合もあるのです。

秩父織、秩父銘仙は、平織りで裏表がない

秩父銘仙はモダンな柄と、絹特有の光沢があって、とても美しい着物となります。
先染めの平織りなので、裏表がありません。
そのため、表が色あせても、裏を使って仕立て直しをすれば、また着ることができるのです。
女性にとって経済的で、手軽で、おしゃれな着物として、全国的な人気を誇ったのが、秩父銘仙です。
独特のほぐし模様が人気を高めました。現在でも昔ながらの技術は継承され、和服、ざぶとん、小物など、さまざまな名産品が秩父の産業として残っています。いまも秩父を支える産業なのです。

埼玉県で着物を着て行ってみたいイベント

・越生梅林梅まつり

埼玉県入間郡越生町で行われる越生梅林梅まつりは、毎年梅の見ごろとなる2月半ば頃に開催されているイベントです。
古くから越生梅林が有名で、その規模は「関東三大梅林」の1つとされています。
着物で参加して、美しく咲く梅にさらに彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

埼玉県伝統芸能フェスティバル

埼玉県では毎年「埼玉県伝統芸能フェスティバル」としてイベントを開催しています。

毎年、様々な伝統芸能である人形芝居や歌歌舞伎などが催され、外国の方の参加者も多く人気のあるイベントです。
着物で参加するのが良く似合うイベントなので、日本の文化である伝統芸能に着物を来て観賞してみてください。

・燃えよ!商工会青年部!! 花火大会

地域密着型の花火大会で、毎年鴻巣商工会議所青年部が全運営を行う人気の花火大会です。
多くの観客や観光客で賑わう花火大会で、関東地域行ってみたい花火大会ランキングにも入選しています。
大迫力の花火に負けないくらいの浴衣を着て参加してみましょう。

埼玉県の主要都市の紹介

・さいたま市

埼玉県の県庁所在地があるさいたま市は、合併したことでできた市です。
都心からも近く、交通の利便性の高さがあるので都心のベットタウンとしても栄えています。
サッカーや野球などスポーツが盛んな地域でもあります。

・川越市

以前は城下町としても栄えていた川越市は、別名「小江戸」とも呼ばれています。
神社や美術館、博物館が多く海外からも人気があり、観光地としても訪れる人が多いです。

・熊谷市

県の交通の主要ポイントで様々な方面に行く時もアクセスが良いです。
熊谷駅周辺は商業施設や繁華街が賑わいを見せ、郊外に進んでいくと閑静な住宅街が広がっており、市の中でも2面性のある場所です。
スポーツに力を入れていて多くのスポーツイベントが開催されています。

・川口市

荒川を挟んで東京都と隣接している川口市は、利便性が高いことで都心のベッドタウンとしても機能しています。
鋳物の街として栄えたことで、今でもものづくりの拠点として多くのイベントが開催され、川口ならではの良さを伝えて続けています。

・行田市

行田市は埼玉県内でも屈指の歴史的な市で「さいたま」の地名の元のなった場所とも言われています。
群馬県と隣接していて、自然豊かな街並みが全体に広がっています。
特産品は十万石まんじゅうや鉄剣せんべい、じゃがいもとおからで作られたゼリーフライが有名です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ