宮城県で着物買取りしてもらうには?

宮城県の着物買取り業者

宮城県で着物買取り業者を探してみると、着物を専門に取り扱っている店舗と様々な商品を対象としているリサイクルショップでの買取り店舗が見られます。
仙台市にある「きものりさいくる館京や」は、着物買取りの他にレンタルや販売も行っています。

全国区に展開している「スピード買取.jp」では、数点から無料査定してもらえる宅配買取や出張買取も行っています。
数が多い場合は、自宅から段ボールで郵送し査定を行ってもらえるので手間なく買取手続きが行えるでしょう。
送料や査定量はすべて無料で、入金の際の振込手数料も負担してくれるので安心です。
出張買取の訪問エリアも日本全国どこでも訪問可能で対応の早さも期待できるでしょう。

宮城の着物の特色

・精好仙台平(仙台市)

精好仙台平は、国の重要無形文化財に指定されている絹織物です。
袴地の最高級品なのですが、戦後洋装が盛んになり、人々の服装が洋風化していくにしたがって袴の需要が減り、現在では生産量が少なくなっています。
とても頑丈な生地で、シワがつきにくいのが特徴です。絹独特の光沢があって、触った手応えがとても良く、気持ちがよいのが有名です。

・栗駒正藍染(栗原市)

栗駒正藍染は、藍を初夏の気温で発酵させる正藍染を用いて染める技法です。
藍染は普通、藍瓶を火であたためますが、栗駒正藍染は、藍を人工的に加熱せず、気温上昇を利用して木桶にいれた藍を自然的に発酵させるのが特徴です。
正藍染は他人が関わらず、一人の職人の手によって麻植えから藍の種まきや機織り、染などの工程が行われるのも、特徴のひとつといっていいでしょう。

宮城県で着物を着て行ってみたいイベント

・おおがわら桜まつり

日本さくら名所100選に選出されている、白石川堤一目千本桜のある白石川右岸河川敷公園では毎年桜の開花時期に合わせて桜まつりが開催されます。
ライトアップや露店など、お花見にはもってこいな環境ですが、特にオススメなのはお花見屋形船です。
お花見屋形船ではおよそ30分にもわたりまつり階上から下流まで運航しており、川から見た両岸の桜景色に思わず見とれてしまうでしょう。
この時着物も着ていけば、よりお花見の雰囲気を楽しめます。

・塩竈deひなめぐり~宝めぐりの雛祭~

期間は2月末から3月頭にかけて開催されます。
塩竈市にある亀井邸がメイン会場となり、大正期に建てられた「和洋併置式住宅」としてシンボル的な建造物となっています。
色鮮やかなつるし飾り・ちりめん飾りが3000点以上も展示され地域の皆さんや観光客で春を盛り上げていくイベントです。
代々から伝わる塩竈に着物を着て出かけてみませんか。

・仙台万華鏡美術館

仙台市太白区に位置し秋保温泉の入口に立っている美術館です。
万華鏡の魅力を多くの人に伝えるために万華鏡作りや体験型ミュージアムも行っています。
着物をまとって陶芸家や辻輝子の展示品を楽しんだり、オリジナルの万華鏡作りをしてみてはいかがでしょうか。

宮城県の主要都市の紹介

・仙台市

政令都市でありながら「杜のみやこ仙台」と呼ばれるくらい緑に覆われている街で、定禅寺通りや青葉通りなどケヤキの街路樹が並んでいる自然豊かな市です。
面積も広いため海や山だけでなくレジャー施設も充実しています。

・石巻市

宮城第二の都市と呼ばれ、世界三大漁業として有名な金華山沖を抱えています。
金華丼や金華寿司、石巻焼きそばなど美味しいグルメを巡って全国から訪問者が増えています。

・大崎市

豊富な泉質を持つ温泉番付で一躍有名となっている市で、最大の魅力は鳴子温泉郷です。
宝の都(くに)として、伊達家の城下町や岩出地域は魅力溢れる地域です。

・登米市

国指定重要文化財の建造物があり、明治時代中期の教育風景の面影をそのまま遺している教育資料館は日本唯一の資料館となっています。
伊豆沼・内沼では年間を通じて貴重な野生の姿を見ることができるスポットです。

・栗原市

奥州街道や細倉鉱山関連遺産など歴史文化もありながら、豊かな自然から収穫された食材により郷土料理や逸品を生み出しています。
そばだんごや高級食材として名高いチョウザメなど栗原ブランドを代表する特産品がたくさんあります。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ