京都府の着物買取り業者

京都府は普段から着物を着る人が多いので、着物買取を行っている店舗は多数あります。
例えば京都市にある「京都きものセンター」は、長年京都で呉服を取り扱ってきた老舗店舗です。
インターネットで査定してもらいたいという人は、「スピード買取.jp」もおすすめです。
少ない品数でも無料査定でインターネットからも申込みできるので、この機会に依頼してみてはいかがでしょうか。

京都府の着物の特色

・京友禅、京小紋、京鹿の子絞り、西陣織( 京都市など)


京友禅は、江戸時代に町人文化が栄えると同時に誕生した友禅染の技法です。宮崎友禅斎という人が描いた絵が人気で、それを着物に活かしたものです。
染色技法と彼の絵がマッチして、大きなブームとなりました。複雑な模様を色々な色で染め、防染技法をつかって繊細で多彩な色使いを実現しています。

京小紋は、室町時代にルーツを持ちます。さまざまな絹織物が生産され、京都の堀川では、染色の職人街ができるほどでした。辻が花染や茶屋染が発達しており、紋付小紋帷子や小花紋小紋染胴服などが、小紋で磨き上げられた技術で作られることになりました。

京鹿の子絞りは、とても美しい着物です。疋田絞りや一目絞りなど、独特の立体感があります。見る角度、着る人の体型などによって、着物の表情が変わります。
友禅や小紋とはまた違った柔らかい質感を持っています。

西陣織は、京都の西陣で生産される紋織物の総称をいいます。先染めで作られています。
国の伝統工芸品にも指定されています。
西陣は高級な絹織物で、特定の織物ではなく種類はたくさんあります。1000年以上に渡って、織物の産地として名品を生み出し続けています。

京都府で着物を着て行ってみたいイベント

・京都・花灯路

京都市で毎年12月に行われる嵯峨・嵐山地域で開催されるイベントで、自然景観や歴史建造物などを生かし2500基の灯りや花などを演出しています。
夜には渡月橋がライトアップされ、水辺や山裾が美しく雄大な景色を眺めることができます。
野宮神社や大河内山荘庭園など竹林や散策地が幻想的にライトアップされ、着物を着て来場するカップルやグループにも人気です。
また、3月には清水寺や知恩寺など東山地域を舞台とした灯路もあり、日本情緒豊かな風景をゆっくり楽しむことができます。

・京都伝統産業ふれあい館

京都は古くから日本の歴史や文化などを生み出した伝統工芸品などが有名です。
京都市左京区にあるふれあい館では、74品目約500点もの伝統工芸品が展示・販売しています。
芸妓舞台や舞妓舞台なども月に1度開催されているので、着物で観劇すればより雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

・京都さくらパレード

毎年3月末に京都市役所前広場で開催されるパレードです。
市内の約30もの吹奏楽団の演奏が繰り広げられ寺町通などを華やかな動きでパレードします。
地元の人や多くの観光客でにぎわい、春のひとときを満喫できるイベントです。

京都府の主要都市の紹介

・京都市

京都府南部に位置し、京都府人口の半分以上が占める都市となり府庁所在地にもなっています。
政令指定都市に指定され毎年国内外から多くの人が訪れる観光都市ですが、意外にも工業都市として代表する企業や工場を抱えています。
歴史建造物や観光都市としてとても有名で「世界の魅力的な都市」では上位となり非常に注目されている市です。

・宇治市

交通網として鉄道やバス路線、地方道などが張り巡されており、京滋バイパスやJR奈良線、京阪電気鉄道、近畿日本鉄道などを中心とし、遠方からの観光客にも利用されています。
特産品は宇治茶があり国内でも広く知られています。

・亀岡市

京都市と隣接していて、JR山陰本線、国道9号線、京都縦貫自動車道の利用で都市圏へのアクセスも便利です。
大阪府とも隣接しているので、車や電車での移動もスムーズです。
地下水を水源とした水道水は厚生省から「おいしい水道水」として認められ親しまれています。

・舞鶴市

時代を感じさせる赤れんがや、国と国を結ぶ港ある市です。
国の重要文化財として知られる三重塔では、四季折々の景観が美しいと評判になっています。
舞鶴を発展させるために生涯をかけた「東郷平八郎」の資料館も設置されています。

・城陽市

京都府のほぼ中央部に位置している市で、縄文時代の森山遺跡や古墳、寺院跡など数々の文化財が点在しています。
市内にはJRや近鉄など6駅もあり、国道24号・307号、京奈道路など交通ネットワークの利便性が非常に充実しています。