【神奈川県の着物買取店】高値で売るコツと高額査定業者リスト

神奈川県の着物買取業者

神奈川県内で着物買取店を探してみると、様々な買取店を見つけることができます。
例えば、横浜市鶴見区にある「着物リサイクル かないや」では、店頭買取はもちろん、出張買取、宅配買取なども実施しているリサイクル店です。
保土ヶ谷区内にある創業28年以上の「ヴィンテージ&リサイクル おもしろ屋」でも、着物や帯、和装小物を中心に、レトロ雑貨やアンティークなども取り扱っているリサイクルショップがあります。
着物の種類もアンティーク系から振り袖まで幅広く、また端切れであっても買い取ってもらえる場合があります。

神奈川県内にある着物買取店を利用するのも良いですが、この他にもネットを利用して買取りを行うという方法もあります。
スピード買取.jp」では、神奈川県はもちろん、全国各地の着物買取に対応しており、確かな査定で正しい価格を提示します。

神奈川県の着物買取店の口コミ体験談


●あきら(37歳、女性)
●神奈川県

●着物買取り体験談

1年前に、自宅の衣装箱を整理しました。
その際、学生時代に趣味で集めていた古着の着物が出てきたので、リサイクルショップの買取りに出しました。

持ち込んだのは、値札がついたままで着たことのない木綿浴衣、絹の訪問着、かなり着回した絹の羽織2点でした。(いずれも女性もの)

絹の訪問着はいい状態でしたので、1000円で引き取ってもらえました。
あとはほとんど値が付けられないとして、各50円。

査定をしている間にリサイクルショップに教えていただいたことですが、「扱いが洋服のように簡単で着やすいので、ウールの着物が若い世代に売れやすいです。要らないウール着物があったら、ぜひ持ってきてください」と言われました。
私は持っていなかったのですが、家族の不要品で見つけたら、ぜひ買取りしてもらおうと思いました。

●まき(47歳、女性)
●神奈川県

●着物買取り体験談

亡くなった母が所有していた古い着物が結構あり、売れる物があれば買取りしてもらいたいと思い、リサイクル着物屋に行きました。
値が付くか分からないので遠くまで持って行きたくなく近場にしました。

着物を2、3枚と襦袢を3、4枚、あと帯を3、4本ほど持ち込みました。


●さおり(29歳、女性)
●神奈川県

●着物買取り体験談

2018年1月中旬に訪問着と振り袖をワットマンに買取りしてもらいました。

訪問着は祖母の代から受け継がれてきた立派なもので色は薄ピンク色で流水に雪輪、草花が施されてありました。
結婚式やパーティー、お茶会などで使用しました。

様々な場面で活躍してくれましたが年期物なので色が所々変色しはじめたのと、活躍する場がめっきり減ってしまったので初詣の際に着用したのを最後に手放しました。

そしてもう一点、ワットマンに買取りしていただいた振り袖は私が成人式を迎える際に購入した品です。
若かったこともあり、エメラルドと白が印象的な配色の振り袖を購入しました。
大輪の桜に咲く吉祥模様が映える振袖で日本伝統の良さを感じ一目惚れ。
ただ年齢的にも着るのを躊躇うようになったのを機にワットマンに査定してもらいました。


●けろりん(44歳、女性)
●神奈川県

●着物買取り体験談

5年前に主人の祖父が亡くなった時、家を処分する際に大量の着物が出てきました。
売れるかもしれないと思い着物を引き取りました。

祖父と祖母、姑が使っていた着物が段ボール3箱分あり、狭い我が家に置いておくのは邪魔でしたが、忙しさにかまけてしばらく放置していました。
姑から、カビたりすると困るから早く処分した方がいいと言われ、一年ほど経った頃にまんがく屋にお願いしました。

まんがく屋に査定してもらった所、買取りの対象にならないような部屋着ばかりだったらしく、女性用の訪問着数着のみに値段がつきました。
値段の付かなかった着物については、巾着などに再利用出来そうなものだけ残してもらい、残りはそのまま、まんがく屋に引き取ってもらいました。

神奈川県で着物を着て行ってみたいイベント

・新緑の古建築公開 春草廬・聴秋閣

横浜市中区にある三渓園では、ゴールデンウィークの期間だけ、重要文化財としても知られる古建築「春草廬」と「聴秋閣」を公開しています。
春草廬は織田信長の弟である織田有楽斎の手で作られた茶室です。

また、聴秋閣は元々二条城にあったと言われており、家光公が春日局に下賜している楼閣です。
どちらも非常に貴重な文化財で、周りの自然との融合がとても美しくなっています。
新緑の中で見られる2つの文化財をぜひ楽しみましょう。

・湯河原やっさ祭り

湯河原やっさ祭りは、湯河原町で開催されているお祭りで、花車や神輿、さらに老若男女およそ2000人にも及ぶ人が踊り、街中を練り歩いていくというお祭りです。
見ているだけでも楽しい踊りや音楽を聞きながら、夏のお祭りを着物で味わいましょう。

また、最終日には海上花火大会が開かれ、祭りの最後を締めくくります。

・鶴岡八幡宮例大祭

毎年9月中旬に行われている例大祭は、鶴岡八幡宮で執り行われる行事として最も有名なものです。
800年間行われているこのお祭りでは、神輿や鈴虫を放つ放生など、様々な祭事が行われています。
中でも、流鏑馬神事は鎌倉時代より続くもので、それが現代でも見られるということもあり多くの人が流鏑馬神事を見に訪れます。
鎌倉時代の雰囲気をより一層味わうなら、例大祭も着物を着て出掛けてみましょう。

神奈川県の主要都市の紹介

・横浜市

神奈川県の東部にある横浜市は、神奈川県内だけではなく、日本にある市町村の中で一番人口が多い市になるほど、多くの人が住んでいる市です。
神奈川県でも県庁所在地及び政令指定都市に選ばれています。
観光名所などもたくさんあり、多くの人が訪れる都市です。

参考:横浜の着物買取

・川崎市

県北東部に位置する川崎市は、横浜市からも近いということもあって、人口が年々増えてきている都市です。
京浜工業地帯の中心エリアとも呼べる場所で、さらにサッカーやアメリカンフットボールなどのスポーツを取り入れた街づくりなども行っています。

・相模原市

県北西部に位置する相模原市は、神奈川県の中でも自然が溢れており、しかも都市機能も充実していることから、人口の多い都市です。
相模湖や津久井湖などといった湖も豊富にあります。

・横須賀市

県南東部の三浦半島に位置する横須賀市は、周囲を海に囲まれている都市です。
黒船が来航したことでも知られているこの都市は、米軍施設などもあることから、アメリカの文化を取り入れた、市独自の文化を持っています。

・藤沢市

県南部の相模湾に面している藤沢市は、江の島から近いこともあり、観光都市でもある一方、横浜市内、もしくは東京までおよそ50kmという距離に位置していて、交通面も優れていることから人口も多く見られる都市です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ