千葉県で着物買取りしてもらうには?

千葉県の着物買取り業者

千葉県で着物買取業者を探してみると、中古や訪問買取などの店舗がいくつかあります。
例えば「たんす屋」は、県内でも千葉市、浦安市、船橋市など全9箇所の店舗を展開しています。
数点だけ売りたい場合や、初めてで不安な人も店舗数が多いため、お近くの店舗に直接出向くことも可能です。
買取だけでなく着物販売やメンテナンス、着物を保管する場所がなくてお困りの方のためにお預かりしてくれるサービスなどとても充実しています。
また都内にも1店舗ある着物リサイクルの「和楽庵」は、県内では美浜区と四街道市の2店舗に点在し、どちらも駅から歩いて数分の場所に立地しているためアクセスにも非常に便利です。

おすすめなのはインターネットでの着物買取店です。
特にスピード買取.jpでは、全国無料対応で汚れやシミがついてしまった着物や、帯などの小物だけでも高い価格で査定することができます。
全国エリアで訪問可能になっていますが、査定料、送料、出張料などは無料になっているので安心して利用できます。

千葉県の着物の特色

・館山唐桟(館山市)

館山唐桟(たてやまとうざん)は、千葉県指定の伝統工芸品です。木綿糸の細いものを使って、縦縞を独特に細かく織りだします。その縞を唐桟縞とも呼びます。
もともとの原産は、インドになります。16世紀頃の安土桃山時代に、オランダ船により日本にやってきたものと考えられています。

細かい縞柄が、江戸の粋な人に愛される美しさで、麻状のみためと絹の艶の風合いをもっています。
現代でも、趣味人の間では好まれています。

江戸時代では、贅沢を禁止した天保の改革で絹織物の着用が禁止され、そのかわり絹にかわって粋な織物として、館山唐桟は人気となりました。インドのセント・トーマス地方の原産だったため、サントメ縞と呼ばれていたのは江戸時代。それが、舶来を意味する唐がついて唐サントメになり、それが訛って、とうざん・唐桟となったという言い伝えが残っています。

細い木綿糸で織られる唐桟は、江戸時代、とても高級品でした。ですが、欧米で産業革命があるにつれて、細い木綿糸がつくられるようになりました。開国後は日本に安い細い木綿糸が輸入されるようになりました。

千葉県で着物を着て行ってみたいイベント

・かつうらビッグひな祭り

毎年2月末から3月にかけて勝浦市芸術文化センターをはじめ、勝浦市内に約30.000体の雛人形が飾られるお祭りです。
この期間は街がひな祭り一色になるので、子ども達も稚児の衣装でひな行列をしたり歩行者天国では各種出店も並びます。
夜になると街がライトアップされるので、大人女性も着物で過ごすにはぴったりのイベントです。

・茂原桜まつり

日本桜の名所としても有名な茂原公園の桜まつりは、毎年3月下旬から4月中旬頃まで開催しています。
昼の部では和太鼓や民謡などのプログラムがあるステージ設置され、夜の部では茂原公園3箇所に桜がライトアップされます。
園内や桜並木をお洒落な着物で自由に散策してみてはいかがでしょうか。

・NARITA花火大会in印旛沼

花火大会として初めて2010年にグッドデザイン賞を受賞した、全国でも有名な人気イベントです。
音・色・光で放たれる「花火ファンタジア」は、次々に演出が変化していき、瞬きするのも忘れるくらい花火の世界に引き込まれます。
県内で1位の人気度の高い花火大会で、毎年12万人近くの人が訪れています。
季節も10月となると、着物を着て出かけるにはちょうど良い気候です。

千葉県の主要都市の紹介

・千葉市

県庁所在地になっている千葉市は緑や自然に恵まれていて、都内へのアクセスが非常に便利です。
千葉都市モノレールや多くの企業が入居している高層ビルも並び、千葉ロッテマーリンズを代表とする魅力的な観光スポットもたくさんあります。
子育て支援や趣味を活かせる文化やスポーツ施設も充実しています。

・船橋市

鉄道網が9路線35駅で充実しているため都内20キロメートル圏内へのアクセスも利便性が高く、競馬場や有名企業の工場があり観光にも住まいにもバランスのとれた街です。

・松戸市

水と緑がたくさんの松戸市は、自然や風景が自慢の街で共働き家族のための育児サポートや保育料の助成などが高く評価されています。
また、元気な高齢者を増やすために地域に優しいサポートが充実しています。

・市川市

東京都と隣接していているため都心へのアクセスも便利で、京葉工業地帯として市政の発展にも力を入れています。
自然環境に恵まれていることから、梨などの農業栽培盛んです。

・柏市

JR常磐線、つくばエクスプレス、東武アーバンパークラインの鉄道や、国道6号・16号、常磐自動車道が交通の要となっています。
豊かな自然環境は市民の憩いの場として親しまれ、都会の街並みとほどよいバランスで調和されています。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ