伊予絣の着物の中古価格は、ネットオークションでは4,000円程度

愛媛県で誕生した伊予絣は、藍色の深さや肌への馴染みから、親しみのある着物としてよく使用されています。

そんな伊予絣を高値で売りたい場合、どうすれば良いのでしょう?
ネットオークションで相場を調べてみると、4,000円程度という結果となりました。

愛媛県の伝統的な特産品であるのに、相場が低くなってしまってしまっているのは、そもそも伊予絣に対する理解が低いせいもあるかも知れません。

伊予絣の着物の特徴

日本三大絣の一つにも選ばれている伊予絣は、その落ち着きのある色合いと、全て綿素材から作られているため、肌触りの良さなどが多くの人の心を掴み、日常生活の中で親しまれている着物です。

肌触りの良さ以外にも、綿素材による効果として通気性の良さや汗を吸収し発散する力、そして生地の丈夫さが兼ね備わっていたため、多くの農家で伊予絣が愛用されるようになっていきました。

また、伊予絣は藍色に染めるという特徴を持っています。
この藍染めによってさらに生地の丈夫さをアップさせ、藍独特の香りにより防虫効果を高めることも可能です。

絣の着物というと、柄は井桁や十字などが一般的となっていますが、その他にも城や花などの絵絣がみられるのも伊予絣の大きな特徴と言えるでしょう。

様々な柄の着物を作ることができ、しかも元々白地の部分を赤や黄色など、他の色を差すことによって様々な絣着物とは違った魅力を感じることができます。
特に花柄やワンポイントの色が入ると、絣の着物でありながら華やかな印象になるので、女性も利用しやすい絣着物と言えるでしょう。

伊予絣で使われている藍の染色は、天然のものを使っています。
天然の藍染めは発酵が必要となるため、温度やアルカリ度がどれくらいなのかを、毎日注意深くチェックしているのです。
手間はかかってしまいますが、植物を使った天然の染料となるので着物が肌に密着していても皮膚への影響はほとんどないと言われています。

また、天然染料は色落ちがしにくく、一緒に洗濯したとしても他の衣類に色移りがしにくいです。

元々伊予の地域では木綿織物が江戸時代から作られるようになり、先に松山縞という縞織物が出回るようになりました。
その後作られたものが伊予絣で、明治時代に入ると全国的に知られ、十数年後には絣の生産地として日本一を記録しています。
このように、伊予絣が誕生してから多くの人の手に渡り、愛用された絣着物と言えるでしょう。

伊予絣は日常的に使われることが多いため、高く売れないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、伊予絣の人気は高いため、高値で売れる可能性は十分にあります。

伊予絣の着物を高値で売るコツ

伊予絣の着物を高値で売るコツとしては、やはり状態の良さが重要となります。
伊予絣というとその丈夫さから農作業や日常生活の中で使いがちです。
しかし、状態が悪く破けていたり汚れがあったりするとなかなか高値で売ることはできません。
より高値で売るためには保存状態に気を付け、クリーニングをしっかりと行うと良いでしょう。

着物専門買取業者に相談すると、一度に大量の着物を買い取ってくれるだけでなく、場合によっては傷・汚れのある着物も買い取ってくれる可能性があります。
普通の着物屋では売れなかった品物が売れる可能性もあるので、伊予絣を売りたいと検討されている人は、着物専門買取業者に依頼してみましょう。