上野街子の中古はどれくらいで売れる?

上野街子の着物の中古価格は、ネットオークションでは3,800円程度

上野街子の着物を持っているという方の中には、様々な事情から売りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
売ることを考えた場合、ネットオークションが売りやすいと考えるかと思います。

ですが、ネットオークションで上野街子の着物の相場を見てみると、約3,800円程度とかなり安くなっていました。
買う側としては良いかもしれませんが、売る側としてはネットオークションで高額出品は難しいと言えるでしょう。

もちろん、あくまでも相場は目安ですが、ネットオークションではない方法を選ぶ方が賢いと言えそうです。

上野街子の着物の特徴

上野街子は有名な京加賀友禅の着物工房である「清染居」の職人さんです。
元々清染居は初代である上野清江から始まったもので、二代目にあたる上野為二が人間国宝に認定され、工房の知名度はより広がりを見せていきました。

その後為二の次男である上野清二に受け継がれ、現在は清二の妻である上野街子が工房を受け継いでいます。

現在は京都市北区の紫野、住宅街の中にアトリエ兼工房があり、その中で数多くの作品が作られています。
清染居の着物は高価な着物を取り扱っている呉服店で見られるものが多く、品質の良さはもちろんですが女性らしい優美な印象を生み出す作品を数多く作り上げています。

上野街子の着物は、清染居の伝統がしっかりと踏襲されており、なおかつ女性目線の感性が色やデザインに引き出され、女性が着用するにふさわしい着物を作り出しています。

京友禅というと金・銀の箔を使ったり、縫いを入れて華やかさや豪華さを出しますが、上野街子の着物は京加賀友禅であり、箔や縫いは使いません。
デザインの構図や染めだけで、華やかさを引き立たせていることになります。

そのため、京友禅に比べると落ち着いた印象を受けますが、それでもデザインや染めだけでしっかりと大人の華やかさがアピールされており、大人が着たくなる着物です。

上品さを兼ね備えているため、フォーマルなシーンにも合わせやすく、上野街子の着物を着ることで目立ちすぎない品の良さを醸し出すことができるでしょう。

また、デザインに関してですが元々清染居では御所解や茶屋辻などといった伝統的なデザインを用いて作られることも多いです。

しかし、最近では名所の風景を切り取って描かれた作品などもあり、伝統を受け継ぎながら新しいものへの挑戦を忘れていないことが伺えます。

落款は上野街子という名前が入るわけではなく、清染居の落款が入っています。

上野街子との名前を使わないのは、清染居を受け継いだ人間として伝統を大切にしていることはもちろん、現在の感性を加えながら清染居の作調がまた受け継がれていくことを願う形にするために落款は上野街子ではなく清染居の名前が入っているのです。

清染居の着物は今もなお愛されているため、ブランドとしての力も強く着物買取りによって高値も付きやすくなるでしょう。
なお、訪問着や小紋などの着物を幅広く手がけられています。

上野街子の着物を高値で売るコツ

上野街子の着物を高く売るのであれば、なるべく上記で紹介したネットオークションで出品するのではなく、プロの査定士へ依頼しどれくらいの価格なのかを見てもらって、それから買い取ってもらうようにすると良いでしょう。
着物を高く売るコツとしては、やはり保管が大切です。
汚れやシワがなるべく付かないようにすると高値がつきやすくなります。

ぜひ高値で売りたいと考えたら、着物専門買取業者に相談してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ