高久空木の中古はどれくらいで売れる?

高久空木のインターネットオークションでの売却相場は28,000円程度

高久空木(たかく・くうぼく)の着物を、ネットを通じて売ると、平均して28,000円前後の値段がつくことが多いようです。

1908年に栃木県の下都賀群稲葉村で生まれ、1993年に死去していますから、現在では高久空木の新しい作品を手にすることはできません。そのため、希少価値があります。

ですが、ネットではそれほど流通しておらず、あまり買い手が頻繁にあらわれるわけではありません。ネットでの売却の場合はじっくり待つ必要がありますが、後述する方法なら、時間をかけずに高値で売ることができます。

高久空木の着物ってどんな着物?

日展で活躍し、最高賞なども受賞している作家です。

とくに帯が美しく、「帯の空木」とも呼ばれています。

生地を染め上げる染色作家で、ろうけつ染めをもちいて、染帯をメインに取り扱ってきたことでも知られています。極限まで簡素化され、幾何学的な美しさを持ち、スタイリッシュな作風です。

高久空木には、「染色は工芸品。そして使ってこそより輝く」という思いがありました。そのため、鑑賞がメインだった日展への出展に物足りなさを感じていたのです。
そして、結局は日展を脱退します。

以後、和装の帯を作ることに注力することになりました。意匠はろうけつ染めで作られており、簡素かつ洗練された美しさを持っています。
また、ろうけつ染め作家としては不動の地位を築いた作家でもあります。高久空木の作品は、自然の中にあるものをラフ画として描き、透明感のある作風です。

絵画的な作品が多く、どれもろうけつ染めらしい作品に仕上がっています。
シンプルな絵ながら、無駄なものがなく、ひと目でどのようなモチーフなのかが一瞬にしてわかるデザインであることが特徴です。

帯の作品で知られていますが、同時に着物も作っていますので、高久空木の着物を持っている人は非常にレアだといえるでしょう。

娘さんの高久尚子氏も、染色家として活動しています。
2013年に2代目になりました。

ですが、お父様への尊敬と、まだまだ自分は修行しなくてはならないという思いから、「空」と「木」の間に、「・」を入れて、「高久空・木」と名乗られています。
高久空・木も着物を制作していますので、着物を持っているのであれば、売ることができます。

高久空木の着物を高く売るコツは?

高久空木はもう亡くなられているので、今では新しい作品を発表できません。
そのため、中古でしか手に入れることができなくなっています。それがゆえに、人気で、出すところに出せば高値買取が可能となります。

ですが、ネットではそれほど高く売れないので注意が必要です。ネットは価値がわからず、単にデザインだけを見て決める人も少なくないため、素朴な高久空木のデザインはその無駄を省いた優れた作風が伝わらないこともあるのです。

専門の着物買取店なら、特徴のある高久空木の作品はひと目見て見抜くことができます。そして、買い取ったら催事などに持っていって価値の分かる着物愛好家に再販することができるため、ネットよりも高値で買い取ってもらうことができるのです。

今はもう、リサイクル品でしか手に入らない高久空木の作品ですから、保存状態が良いものであれば、高値買い取りが可能となります。
帯などは特に、慎重に取り扱う必要があるでしょう。自宅でできるケアには限界がありますが、ホコリ等ははらって、汚れなどがあればティッシュでとりのぞいてください。
売却するのにクリーニングにまで出す必要はありませんが、ある程度、きれいな状態を保っておいたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ