しょうざん生紬の中古はどれくらいで売れる?

しょうざん生紬の中古価格は、ネットオークションでは3万~5万円程度

しょうざん生紬の買取を考えている方は、まず中古の相場がどれくらいなのか知っておきましょう。
しょうざん生紬の単衣は3万~5万円程度、帯のみだと未使用でも1万円前後が多くみられます。

もちろんあくまでも目安なので、状態が良ければさらに買取価格もアップすることができるでしょう。
ただ、ネットオークションの場合、自分で価格を決めなくてはいけないため、高額にしてしまうと売れず、逆に安く設定してしまうとせっかくのしょうざん生紬がもったいないように感じてしまうかもしれません。

しょうざん生紬とはどんな着物?

しょうざんというのは、1948年に創立された和装着物の会社を指しています。
現在、しょうざんは京都にある「光悦芸術村しょうざん」という広大な面積を持つ庭園のレジャー施設を持っており、その中に工房も構えています。
大文字山の麓に作られたしょうざんの庭園は、季節の植物を楽しむことができ、それが着物のデザインにも活かされていると言われているのです。

また、しょうざんと言えば「生紬」と言われる程しょうざん生紬は有名で、「生紬」という言葉もしょうざんが商標登録しています。
そんなしょうざん生紬の魅力は、柔らかい着心地がありつつ、しなやかさも申し分ない点と言えるでしょう。
これは、繭からそのまま糸を引き、生糸の状態から織ることで麻のような爽やかさを持つことができるのです。
ただ、生糸をそのまま用いるとどうしても柔らかさが足りなくなってしまいます。
ですから、精練作業を行い硬さの原因となっているセリシンを取り除かなければいけません。

生紬は精練作業を全て行うのではなく、柔らかさがありつつもしなやかさも備わる丁度良い程度に留めることで、魅力となる柔らかさとしなやかさの共存ができると考えられます。

また、しょうざん生紬は玉繭から作られています。

玉繭というのは蚕が2頭同時に糸を吐くことで作られる繭を指しており、糸が絡まってできているため、以前まで真綿として使われていました。

しかし、それをあえて紬に使用することで、より生地の柔らかさにつながっていると言えます。

しょうざん生紬は着ている内に段々着用している人に馴染んでいき、より着やすさが増していきます。
麻の着物と同じくらい素材の軽さが出るので、特に夏物の着物にはピッタリと言えるでしょう。

また、取り除いたセリシンは元々染めにくさの原因となっていたものであり、それを程よく取り除いたことで色が入りやすく、綺麗な色を出しやすくなりました。

そのためしょうざん生紬の中には爽やかな色や柄がありつつ、ハッキリとした色・柄が用いられているものも少なくありません。
京都で誕生した素材・着物ということもあり、しょうざん生紬には京都人のしなやかさが込められているように感じられる、素敵な織物です。

しょうざん生紬を高値で売るコツ

現在所有しているしょうざん生紬を高値で売りたい際は、証紙も用意しておくことをおすすめします。
証紙があることでしょうざん生紬が正真正銘本物であることを証明してくれます。
そのため、証紙を用意しておけば例え多少の傷や汚れがあったとしても高値で売ることができるでしょう。

また、しょうざん生紬は単衣だけでなく、帯や訪問着などもあり、全てまとめて買い取ってもらうことで買取査定額も高くなりやすいです。
和装小物など、他に買取できるものがないか探してみましょう。

オークションサイトで買取を行うよりも着物専門買取り業者へ依頼した方が高額買取を狙うことができます。
着物を専門とした買取業者であれば、プロの目で正しい査定を行ってもらうことができ、わざと安く設定しなくても買い取ってもらうことも可能です。

もししょうざん生紬の買取に悩んだら、ぜひネットから着物専門買取業者を探してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ