蒋雪英の着物はどれくらいで売れる?

蒋雪英の着物の中古価格は、ネットオークションでは58,000円程度

蒋雪英の着物をお持ちの方で、不要になったので売りたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
そこで気になるのが中古価格の相場です。
中古買取には様々な方法がありますが、蒋雪英の着物をネットオークションで売った場合を調べてみると、その平均相場は約58,000円でした。

この相場はあくまでネットオークションの価格なので、他の買取方法によってはもっと高値がつく可能性もあるでしょう。

蒋雪英の着物の特徴

蒋雪英は中国の刺繍作家です。
日本でいう人間国宝にあたる工芸藝術大使で、50年以上も中国刺繍の伝統や価値を広めています。

蒋雪英は中国三大刺繍である蘇州刺繍、相良刺繍をはじめ、打子刺繍や両面刺繍など30種類にも及ぶ手法で着物や帯、小物の刺繍を手掛けているのです。

蘇州刺繍とは中国・蘇州で縫われている刺繍です。
およそ2500年前、蘇州は呉の首都として栄えており昔から刺繍が盛んに縫われていました。
髪の毛よりも細い糸を使い、縫い重ねることで刺繍面が盛り上がっていないことが特徴的です。

また、布地が波たたず、染色糸ではシルクを100%使用しています。
色数も豊富なので華やかさと気品を持ち合わせた刺繍に仕上がるのです。

蘇州刺繍は全て手作業で行われるため、大作の場合は1年以上もかかることも珍しくはなく、生産数も限られるので価値も高いです。

とても細かな手作業であるため、集中力や視力が必要となります。

一方、相良刺繍は中国では漢の時代から存在が確認されています。
日本では奈良時代、仏像の羅髪として使用されている刺繍です。

相良刺繍は布地の裏から糸を抜きだして結び、これを繰り返して模様を描いていきます。

高度な技術が必要であり工程も手間がかかる作業なので、着物の制作も長い時間がかかります。
閉じ糸がないため糸が引っ掛かってしまうことはなく、他の刺繍と比べても丈夫な技法とも言われ、振袖や訪問着などの着物をはじめワッペンでも使われることが多いです。

糸は蘇州刺繍と同様のものですが、相良刺繍は光沢感があまりなく落ち着きのある上品さが特徴的で、着物では最高の技法とも称えられています。

京友禅などでは京刺繍が施され、刺繍は着物と縁が深いものです。
中国刺繍は日本の刺繍とは異なる華やかな色彩が特徴的でしょう。

そんな、中国刺繍のパイオニアである蒋雪英はたくさんの着物の刺繍を手掛けており、日本でも高く評価を受けています。
落ち着いた色合いの着物に華やかで立体的な中国刺繍を施すことにより、日本独特の風合いとは異なるオリエンタルな印象があります。

また、日本ならではの絵柄も中国刺繍や他の手法を使い分けながら描き、まるで絵画のような精密な仕上がりが魅力的です。
刺繍は手間のかかる作業なので蒋雪英の作品は大量生産が難しく、とても希少な作品となっています。

日本の着物と中国の刺繍が一体化した作品は、これからも多くの人々を魅了し続けていくでしょう。

蒋雪英の着物を高値で売るコツ

蒋雪英の着物を高値で売りたい時、着物の保存状態が価格を左右します。
湿気は着物にダメージを与えてしまうため、定期的に換気で湿気を逃がし、和紙や紙で着物を挟んで湿気によるダメージを防ぎながら保管しておきましょう。
また、着物の刺繍にほつれがないかなど、仕上がりも評価に関わります。

なお、着物買取では着物専門買取業者を利用すると、通常の買取業者よりも高値の買取に期待できます。

着物専門買取業者では無料の出張買取や宅配買取を行っているところが多いので、持ち込みが難しい方や大量査定と買取を希望する方も気軽に利用できるのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ