品川恭子の着物はどれくらいで売れる?

品川恭子の着物の中古価格は、ネットオークションでは250,000円程度

着物の染色家である品川恭子の着物は、美的で知性ある感覚を思わせるセンスがとても上品で彩色センスに長けた作品が多くあります。

独創的な雰囲気と創造的に図案化した文様の訪問着に、圧倒させられる人も多いようです。

そんな品川恭子の作品のネットオークションでの相場を調べてみると約250,000円となっています。
これは、あくまでも目安となる平均相場でその都度金額が変動します。

ですから、正確な金額で売るには別の方法を検討してみましょう。

品川恭子の着物の特徴

京友禅染色家の品川恭子は、1936年東京生まれ。
東京芸術大学工芸科を卒業後、伝統工芸展で4年連続入選し最後の年では日本工芸会賞を受賞しました。

芸大に通っていた当時は、着物に対してあまり興味がなかったものの、4年生に進級する時に、人間国宝の友禅作家森口華弘が手掛けた梅の着物に感銘を受け染織家を天職にする決意をしました。

その後数回にわたり個展を開き、日本橋の呉服店にいた頃は白生地の図案をデザインし、無我夢中で作業に打ち込んでいたといいます。

朝から夜遅くまで働きづめだったため体調を崩しやむを得ず退社することになりました。

その後、独学ですべて試行錯誤しながら染織技術を研究し習得されました。
そして、1975年に東京のアトリエから京都の宇治へと移し染色家として作品を作り続け、雑誌「樋口可南子のきものまわり」にも品川恭子の着物を纏った樋口可南子の写真が掲載されています。

京友禅の着物は「品川友禅」と呼ばれるくらい独自のデザイン性・色使いが特徴になっています。
そんな京友禅は、地域別で京友禅(京都)、加賀友禅(石川)、東京手描友禅(東京)と呼ばれそれぞれ特徴があります。

・京友禅

華麗な図案風な模様で金銀箔など豪華な刺繍が特徴です。
公家や姫、大名の奥方から好まれてきたと言われています。

・加賀友禅

落ち着いた写実的な草や花などの模様を中心として絵画調のデザインが特徴で、武家から非常に好まれていました。

・東京手描友禅

渋い色味と、都会のセンスがオシャレな雰囲気を漂わせます。
町民から親しまれる作風です。

品川恭子の着物を高値で売るコツ

品川恭子の着物は訪問着、振袖、帯、どれをとっても品があり女性の中で憧れを持っている人も多くいます。
より高値で売るには、未使用のものはもちろんですが保管状態の良いものは高額査定が望めます。
シミや汚れがないかチェックし、万が一シミや汚れ、色あせがあったとしても着物専門買取業者であれば買取が可能です。

そして、裄や丈の長さを確認することも忘れないでください。着物は着る人の成長に合わせて裄や丈の長さを調整していくものです。
高く売れる着物というのは、当然裄や丈が長い着物になります。

それだけ生地の面積が広くなるので、その点も換算されることでしょう。

品川恭子の着物の価値を知っているプロの業者であれば、高額買取も期待できます。
もしも、品川恭子の着物を売りたいとお考えの人は、一度着物買取業者へご相談ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ