琉球びんがたはどれくらいで売れる?

琉球びんがたの着物の中古価格は、ネットオークションでは27,000円程度

琉球びんがたの着物を売りたい場合、ネットオークションへの出品を考える人も多いでしょう。

ネットオークションでの相場を確認してみると、27,000円程度の価格となっていますが、安いものであると5,000円以下の着物もあります。
高額での出品を望んでいるのであれば、ネットオークションは以外の選択肢も考えてみましょう。

琉球びんがたの着物の特徴

琉球びんがたは、沖縄県を代表する染の伝統工芸となっています。

歴史を確認してみると、琉球びんがたの始まりは15世紀の中頃と遥か昔から伝えられている工芸だということがわかります。
第二次世界大戦によって琉球びんがたは、大きな打撃を受けたのですが、戦後びんがたの保存会が立ち上がり、昭和59年には国の伝統工芸品の指定を受けることができ、今では後継者育成事業をするなど琉球びんがたの保存に沖縄全体で取り組んでいるのです。

琉球びんがたの特徴は、独特なデザインです。
デザインの多くには季節感がなく、ハギや雪輪など沖縄にはない植物などもデザインされています。
そのほかにも、中国に影響を受けてデザインされた龍や鳳凰は、ほかの着物にはないデザインなのでインパクトがあるでしょう。
琉球びんがたの色が沖縄らしさを表現しており、日差しに当たるとなお美しく発色する原色を使ったデザインが人気となっています。

琉球びんがたの「びんがた」は漢字で書くと「紅型」となります。
沖縄で紅は「色」を意味するので色と型を使った染色技法となることから、琉球びんがたと呼ばれています。

染色の際に使用される道具を紹介していきましょう。

・筒

型を使わない技法で染色を行う際に使用する道具です。
真鍮製のものをしようして、筒引きや糊ふせを行います。

・ルクジュー

豆腐を乾燥させたもので、10センチほどの大きさです。
型紙の下に敷いて、下敷きとして型彫りの際に使用します。
保存方法が珍しく、油の中に付けておくことでサビが出にくくなり、カンナで削れば何度でも使用することが可能で古くから使われている道具です。

・コニチール

琉球びんがたには欠かせない顔料です。
サボテンについている虫を乾燥させたもので、煎じて粉末にすると鮮やかな赤色になります。
コニチールが元になるので、本藍を混ぜるとキキョウ色になるなどほかの顔料を混ぜることで様々な色を出していきます。
このように、琉球びんがたは独自の道具を使うことで鮮やかなデザインの着物を生み出しているのです。

作り方としては、

1、型彫り
2、型付け
3、筒引き
4、色差し
5、刷り込み
6、隈取り
7、糊ふせ
8、地染め
9、蒸し
10、水洗い

となり、着尺や帯、風呂敷など作るものによって型紙を使用する型染という技法と、手によって模様を描いていく筒引きという技法の2種類に分けて作られています。
集中力のいる作業が多いため、琉球びんがたは出来上がるまでに多くの時間が必要となります。

琉球びんがたの着物を高値で売るコツ

琉球びんがたは、伝統工芸品なので高値での取引も望めます。
より高い金額で売りたい場合には、「琉球びんがた事業協同組合之証」を着物と一緒にして査定に出しましょう。
手書きで書かれているため、本物の琉球びんがたにしかついていない証となります。
そして、査定をしてもらうのであれば着物買取専門業者を活用することをおすすめします。
着物に関する高い知識のある専門家が査定を行ってくれるので信頼感があり、安心して任せることができます。
また、業者の中には未使用ではなく使い古した着物や汚れのある着物などの買い取りを行ってくれる業者もあるので、心配せずに買い取りをしてもらえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ