中島秀吉の中古はどれくらいで売れる?

中島秀吉のネットでの売却相場は22,000円前後

ネットを使ってリサーチしてみたところ、中島秀吉(なかじま・ひできち)の着物をネットで売ると、22,000円前後で売れることがあるようです。
人間国宝のため、この価格では納得がいかないという方も多いのではないでしょうか。

買うときは高かった着物なので、当然の思いだといえます。ネットでは、あまり高く売れないのが現状です。
できれば、価値の分かる人に受け継いでもらいたいものですよね。

中島秀吉の着物の特徴

中島秀吉は、明治から昭和期にかけて活躍した染織家です。明治16年(1883年)に三重県津市に生まれています。

着物の関わりはかなり早く、10歳の頃から豊田喜蔵のもとで修行しています。伊勢型紙道具彫を7年間かけて習得し、25歳で大阪に出てきました。田村駒商店や伊藤万商店などで、型紙を作る仕事に打ち込みました。
そして、大正5年に独立しています。
店は三重県鈴鹿市に構えました。

道具彫とは、4つある伊勢型紙のうちのひとつです。2枚の刃先をあわせて、花びらやひし形などに加工します。それらを道具と呼ぶのです。

道具彫はこの道具が重要で、道具をオリジナルで作って加工を始める職人もいます。小紋柄をはじめとする、幾何学的な模様が多く残されています。

中島秀吉はこの道具彫に優れた技巧を発揮した作家です。江戸小紋が有名で、「中島あられ」が特によく知られています。

作家として技術を磨き上げるだけでなく、後輩の育成にもつとめ、伊勢型紙伝承者養成事業の講師もつとめていました。中島秀吉に師事した若者も多く、たくさんの作家を輩出しています。

伊勢型紙は、道具彫のほかにも、突彫、錐彫、縞彫があります。伝統の型紙技法で、現在に受け継がれています。

道具彫で中島秀吉は人間国宝となり、技術を後世に伝えました。ですが、現在ではもう亡くなっており、残された作品はリサイクルでしか手に入りません。

機械では表現できない、手仕事の妙があります。すべて手作業で文様が打ち込まれているため、着物に丸みがあって、表現力が豊かなのです。

昭和30年に、中島秀吉が人間国宝に認定された時、同時に、錐彫りの六谷紀久男氏、縞彫りの児玉博氏、突彫りの南部芳松氏、道具彫の中村勇二郎、糸入れの城之口みゑ氏らも、人間国宝に指定されています。
仲間と同時の認定であり、非常に名誉なことでもありました。

江戸小紋などは特に、数ミリのずれも認められません。まさに職人の技術が求められるのです。
中島秀吉がのこした型紙は、魂が込められており、江戸小紋の粋を極めています。
しなやかな仕上がりでありながらも、素朴な肌触りをしています。

縮緬地であり、落ち着いた風合いをかもしだしています。一見すると簡素な仕上がりですが、それこそが難易度が高いのです。
これほど正確な仕上がりが、ひとの手によって行われたということは、驚嘆すべきものですので一度手にとって見てください。

中島秀吉の着物を高く売るコツは!?

中島秀吉の着物は、ネットではあまり高く売れない場合が多いでしょう。潜在的に持っている価値は非常に高いのですが、なかなかネットでは流通してません。

高値で買取ってもらうなら着物買取業者がおすすめです。

人間国宝の価値がわかり、道具彫の繊細な技法を言葉で説明でき、金額に換算できる着物買取店の優れた査定人を選びましょう。一度本物を見てもらって、その価値を目で見てもらってわかってもらうのが一番です。

江戸小紋は非常に粋な着物ですので、欲しがる人は少なくないはずです。そのため、しかるべき場所に持っていけば、価値は十分でるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ