加賀友禅の中古はどれくらいで売れる?

加賀友禅の中古相場は、30000円前後

インターネットオークションのヤフオク!などの落札結果によると、加賀友禅の落札相場は、30000円前後が相場のようです。状態が良ければ、12万円などの高値がつくこともあります。

ヤフオク!では相場が形成されており、それほど大きな値崩れは起きていないと考えられます。ですが、もっと高く売る方法があるのです。状態もよく、大切に保管してきた加賀友禅であれば、さらに高値で買い取ってもらうことも十分可能なのです。

加賀友禅とはどんな着物?

加賀友禅とは、とても美しい着物です。きらびやかでも豪華でもないのですが、はっとする美しさがあります。着た人の心のときめきを感じさせてくれるものです。

落ち着いた古風な文様をしており、年齢層は幅広く着用していただけます。主役でも脇役でも使える着物で、幅広いシーンで加賀友禅を着ることができます。流行もなく、飽きもこないので、長く使っていただけます。上手に保管さえすれば、子孫にも引き継ぐことができる独特の着物です。

手作業で作られており、下絵、糸目、彩色、蒸し、地染めなどの工程を経て作られています。加賀友禅は、一人の作家がそれを担っています。そのため、作家によってその作品の仕上がりが異なります。なかにはインクジェットで描かれたものもあり、当然ですが手描きのほうが高い値段で買い取られます。

ですが、インターネットオークションの写真上ではわからないのが現状ではないでしょうか。加賀友禅は基本的に、染の技法で作られており、縫い取りや箔や絞りといった技法を取り入れていません。糸目、色のぼかし、虫食いといった加賀友禅独自の技法を使って、作られているのが特徴です。

柄は自然の草花等が描かれているものがほとんどです。写実的な描写で繊細なのに迫力があり、自然の色合いの美しさを着物にこめています。とても色彩が豊かで、見ているだけでもうっとりとするような加賀友禅は、多くの女性に古くから親しまれて来た、伝統ある加賀の着物です。

加賀友禅を高値で売るには

まず、インターネットオークションでは加賀友禅を売るのも買うのも適していません。写真などが不鮮明である可能性があり、本物の加賀友禅なのか、インクジェットで染められた着物なのかの見分けがつきにくいからです。
状態が良いものであれば、加賀友禅は十数万円で売ることができます。そのため、作家の名前なども重要です。着物の値段は、どれだけ手間がかかっているかによって左右されます。

織り着物に比べて、格が高いとされる染め着物ですが、糸を染めずに白糸の状態で反物にして、後から色や柄をつけているので、後染めの着物は手間がかかるのです。そのため、買い取りは慎重に行ってもらいましょう。

専門の買取店が絶対に有利です

鮮やかで柄の良い加賀友禅は、高値の可能性があります。
それをインターネットオークションやリサイクルショップで売るのはあまりにもったいなさすぎます。

昔集めた加賀友禅でも、古い着物であっても、高値が付く可能性があるのが、着物などの専門買取店です。
証紙がなくとも、目利きにすぐれた専門の査定員が、高値買い取りを行ってくれます。

そして安心して価値の分かるリユースの利用者の手に渡っていくのです。シミのある加賀友禅でも、高値買い取りできた実績が多数あります。古くてずっとタンスの奥に眠っていた加賀友禅を、このチャンスに専門家の買取に出してみませんか。
思わぬ高値がつくことがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ