樋熊哲也の着物はどれくらいで売れる?

樋熊哲也の着物の中古価格は、ネットオークションでは45,000円程度

とある芸能人が結婚される際に結納衣装を政策されたことで話題となった樋熊哲也の着物は、その仕上がりの良いことから高値で売ることも十分に可能です。

ただし、ネットオークションの中古価格の相場を調べてみると45,000円程度であり、かなり安くなってしまいます。
もちろんこれは相場なので、もっと高値で売れる場合もありますが、基本的にネットオークションでは安値で取引されるリスクもある為、高値で売りたい場合は他の売り方を検討されてみてはいかがでしょうか。

樋熊哲也の着物の特徴

樋熊哲也は、着物の産地としても有名な新潟県十日町市出身の着物作家です。
染色や日本画などを学んだ後に、染め物の研究や辻が花の制作を続け、辻が花作家として様々な舞台衣装や結納時の衣装を手がけるようになっていきました。

現在も出身地である十日町市に工房を置いて、伝統の絞り染め友禅を行っています。

そんな樋熊哲也の着物の特徴を見てみると、伝統的な辻が花の技法を取り入れた鮮やかな作品が多く、振り袖にはピッタリな作品がよくみられます。
季節を問わず着用できる模様も多いので、成人式以外にも結婚式やパーティーといったシーンにも活躍しやすい着物に仕上がっていると言えます。

また、染めだけではなく生地にもこだわっており、多くの作品は正絹100%を使用し、最高級の肌触りを実現させているのです。

辻が花の技法は奈良時代より受け継がれており、絞り染めに箔や刺繍、描き絵をプラスしたものになります。

友禅染めが発達してから一時期はその姿を消していましたが、現在では幻の染めということで見事復活を遂げ、樋熊哲也などの作家達が一つ一つの作品を丁寧に制作しているのです。

辻が花には特徴となる部分が2つあります。
それは、縫い締めによって模様を明確に表現させる方法と、もう一つは花の模様1枚1枚に隈取をあしらって影の部分や色のコントラストを表現されています。

この特徴があるからこそ、辻が花の繊細さや鮮やかさが表れ、見る人はもちろん着ている側の人も魅了してしまう作品なのです。

樋熊哲也は辻が花の伝統技術を受け継ぎつつ、着物だけではない小物作品なども手掛けています。

ほとんどの作品が一点ものになっているため、気になった作品を見つけたらなるべく早めにチェックしておくようにした方が良いでしょう。

絞り染め特有の素材感や色のグラデーションについ見とれてしまうものや、まるで日本画を見ているような気分にさせる振り袖や訪問着などもあり、どれも素敵な作品ばかりです。

40年以上制作に携わっている樋熊哲也が作り上げた作品は一生ものにしたくなるほどの作品と言えるでしょう。

樋熊哲也の着物を高値で売るコツ

樋熊哲也の高値で売るコツとしては、やはり着物に傷や汚れが少ないことが条件になってきます。
着物に傷や汚れが若干あるだけで価値が変わってきてしまうので、丁寧に保管しておく必要があります。
ただ、中古品だとどうしても少しの傷や汚れがある場合もあるでしょう。

そんな時は着物専門買取業者に依頼してみると良いのではないでしょうか。

着物専門買取業者では、多少の傷・汚れがあったとしても樋熊哲也の着物であれば高値も期待できるでしょう。
着物専門買取業者では持ち込みだけでなく、宅配買取や出張買取などもあって便利です。

高額買取だけではなく、ネットオークションの手間も一緒に省きたいという方は、ぜひ着物専門買取業者に相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ