花井幸子の中古はどれくらいで売れる?

花井幸子の着物の中古価格は、ネットオークションでは8000円程度

フリーデザイナーや写真家としても活躍している花井幸子氏は、着物だけでなく、ゴルフウェアや宝飾品など多彩な品物のデザインを手掛けています。
多方面で活躍している花井幸子氏の着物などをネットオークションに出品した場合、相場は8000円程度になります。
これは現在のネットオークションでの相場の目安なので、変動する可能性は十分に考えられるでしょう。

また、ネットオークションはでは出品時に欲しい方が見つからない場合、高い価格での売却が難しくなります。
デザイナーとして活躍し続ける花井幸子氏の着物を少しでも正当な価格で売りたいなら、ネットオークションよりも他の方法のほうが良いでしょう。

花井幸子の着物の特徴

花井幸子氏は1937年に東京で生まれ、美術学校であったセツ・モードセミナーを修了したあと、1964年に独自のブランドであるアトリエ花井を設立しました。

さらに、1968年を迎えるとおしゃれに敏感な街である銀座で、オートクチュールのブティックであるマダム花井を設立しました。
1970年からは「YUKIKO HANAI」としてコレクションを開始し、40年以上もの長い時間、年2回の新作を常に発表し続け、数々のコレクションが登場しています。

1937年に日本ファッションエディターズクラブ賞、1995年にきもの貢献賞(全国きもの教育連合会主催)、2003年に繊研新聞バイヤーズ賞を受賞するなど数々の受賞経歴もあります。

様々なブランドラインを持ち、ファッションだけでなくスーツやネクタイなどメンズラインのデザインから、インテリアや食器などの小物、全日空や銀行などの大手企業のユニフォームや学校制服のデザインだけでなく、アニメーション映画の衣装デザインなども数多く手がけ、デザイナーとしての腕を様々な分野から支持を受けていたようです。

また、エッセイストやフォトグラマー、ファッションイラストレーターなどの顔も持っており、デザイン以外でも多方面で大活躍しています。

このような多彩な経歴を持っている花井幸子氏がデザインする着物は、衣桁に掛けて眺めておくようなデザインの美しい着物ではなく、「着て佇んで、動いて美しいものを」というメッセージが込められています。

女性が一瞬で着たいと感じるものやゆっくりと歩み寄るように心惹かれていくものまで、様々なデザインから花井幸子氏を感じることができる、奥の深い着物が展開されています。

着物を嗜む方はもちろん、普段から着る機会がない方も年代問わず、思わず見とれてしまうほど魅力的な色使いやデザインが特徴的です。

また振袖では、色彩のメリハリを付けたかわいらしさと上品さを感じられるような華やかなデザインが多く、着ることができる期間が限られているからこそ、着た人の今を引き立たせてくれるような個性的なデザイン着物もあります。

古典的な色彩をベースにしているのに、大胆なデザインと刺繍によって華やかさを表現しながらも日本の古典的な部分も表現している部分は、さすが多くのファッションデザインを手掛けているからこそといっても良いでしょう。

また着物以外でも、帯などのデザインも手掛けているので、花井幸子氏の着物と帯をセットで使って、花井幸子氏の世界を堪能してみましょう。

花井幸子氏の着物を高値で売るコツ

花井幸子氏の着物を少しでも高値で売るには、着物がきれいな状態であることや購入時の証紙やハギレを一緒に査定してもらうと、高値で売ることができるかもしれません。
また、傷などもない状態であればさらに金額も上がってきますが、きちんとした判断が付かない場合は、着物の価値を知っている査定士がいる着物専門買取業者に査定を依頼してみましょう。

着物専門買取業者であれば、正しい価格で的確な査定をしてくれるので、着物本来の価値を知ることができます。

着物買取業者は、ネットや電話から申し込むだけで着物を店舗に持ち込むことなく、出張査定や宅配買取を行ってくれる業者も多いので、持ち込みの手間がないこともおすすめポイントです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ