郡上紬の中古はどれくらいで売れる?

郡上紬の着物の中古価格は、ネットオークションでは27,000円程度

郡上紬の着物を売りたいと思った時、気になるのが買取相場ではないでしょうか。
着物を売る手段には様々な方法がありますが、手軽に売る方法としてネットオークションがあります。

ネットオークションで郡上紬の着物を売った場合の相場は約27,000円程度が現状のようです。

しかし、これはあくまでもネットオークションで売った場合の相場であり、郡上紬の着物自体の価値を把握できる値段ではありません。
また、出品者が最初から高い値段を提示している場合、なかなか売り手が見つからないことも珍しくはありません。

郡上紬の着物を正式な価格で高額買取したい場合、ネットオークションは不向きな方法だと言えるでしょう。

郡上紬の着物の特徴

郡上紬は岐阜県の郡上市八幡町で主に生産されている織物です。
郡上紬の着物は着心地がよく、全国では多くの愛好家が存在しています。

郡上八幡の農家では古い時代からためた屑繭を手機で折る地織りで紬が織られており、普段着としても良く使われていました。

この地に落ちた平家の武士たちが織り始めたことが、郡上八幡で織物が始まった発祥と言い伝えられています。
そして、郡上紬という紬の名前は第二次大戦後につけられたもので、比較的に新しい紬なのです。

普段着に活用されていた郡上紬も明治時代は衰退を迎え、農家の自家織として技術が伝え続けられているだけでした。
衰退を迎える一方の郡上紬でしたが、再生に貢献したのが郡上八幡出身の染織家である宗広力三氏です。

彼は元々作家の道を目指していたわけではありませんが、20代の頃に青年団運動を通じて紬織に尽力し、戦争の種や生産過剰にならない、いつの時代でも通用できる仕事への思いから、郡上紬の再生に貢献しました。

さらに、新たな技法を研究して「どぼんこ染め」や「初音絣」など独特な紬を生産し、現在の郡上紬を確立したのです。

宗広力三氏の郡上紬は高い評価を獲得し、昭和57年に重要無形文化財・人間国宝に認定されました。

郡上紬は短い繊維を寄せ集め、紡ぎながら紬糸をつくります。
春繭から採取される本真綿が主な材料です。

繭をほぐして短い糸状にして、繭糸をつまみやすく柔らかくするためのだ液をつけて撚りをかけながら紡ぎ、紬糸がつくられます。
完成した糸は灰汁などの精練により不純物を取り除き、自然染料で染め上げます。

郡上紬は全て天然草木染めなのも特徴の1つでしょう。
茜や藍などの天然染料を使用し、何十回も繰り返して染め上げていくのです。
宗広力三氏のどぼんこ染めは独自の染め手法を使用するため、草木染めとは異なるコクや繊細な色に仕上げることができます。
染色が終わると織機で織っていきます。

郡上紬では縞織りと絣織りを交互に繰り返し、経糸では節糸の玉繭をつかい、織りにくい難点を持ちつつも、これにより織り上がりの良い紬に仕上がるのです。

郡上紬は草木染めにより素朴な色合いを持ちつつ、光沢感が魅力的です。
また、染色でもぼかしの効果により、縞や格子などの繊細な模様が描かれています。

美しくも強く、温かみのある色合い、そして手抜きが許されない高度な技術力が多くの人々を魅了しています。
着用すればするほど、心地よさと愛着が増す着物であると言えます。

郡上紬の着物を高値で売るコツ

郡上紬は手織なので生産量も少なく、愛好家も多いので需要の高さから買取も高額を狙います。
金額の左右は大きさや柄、品の状態ですが、重要無形文化財の指定を受けているどぼんこ染めや初音絣などは高額に期待できるでしょう。

また、郡上紬の復興に貢献した宗弘力三氏の作品も価値が高く、作家名に宗弘の名前がつけられている郡上紬の着物であれば、より高額買取が望めます。

そして、着物を高額買取してもらうなら、着物専門買取業者を利用してみましょう。

着物に関する知識をしっかり持っているので、郡上紬の正当な価値を理解した上で高額買取に期待できます。
郡上紬の着物を売る場合は、ぜひ着物専門買取業者へ査定を依頼しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ