新垣幸子の中古はどれくらいで売れる?

新垣幸子の着物の中古価格は、ネットオークションでは140,000円程度

八重山上布で有名な新垣幸子の着物を売りたいと考えた時に、相場がわからなくて悩んでいる人も多いでしょう。
売る方法としては様々な方法がありますが、ネットショッピングでは出品されている数は少ないものの、相場は140,000円前後となっています。

数が少ないことで、ネットオークションでの相場は目安にしかすぎず、価値を判断することは難しいと言えます。

また、新垣幸子が手掛けた着物は高値で取引されることも多く、しっかりとした査定をしてもらった方が安心感もあり、きちんとした適正価格で売るためにはネットオークション以外の方法で売ることを考えた方が良いと言えるでしょう。

新垣幸子の着物の特徴

1945年に熊本県に生まれた新垣幸子は、1972年に長年働いていた保険会社を退職し、沖縄県にある工業試験場染織課にて研修を行いました。
研修期間は1年間でしたが、1973年には大城志津子から指導を受け括染上布の魅力を知ることができ、その後、八重山上布を織り始め1974年には第26回沖縄発出品奨励賞を受賞したのです。

1975年には志村ふくみから指導を受け、1990年まで石垣市伝統工芸館で八重山上布の講習や研究コースの講師として力を注ぎ、多くに人に八重山上布の魅力を伝えていったのです。

現在は沖縄県立芸術大学の非常勤講師として芸術について次の世代の人々に、教えています。

新垣幸子はこれまで数々の賞を受賞してきました。

  • 沖縄県工芸公募展優秀賞受賞
  • 第37回沖展準会員賞受賞
  • 沖縄タイムス芸術選賞奨励賞
  • 第19回伝統文化ポ-ラ賞受賞
  • 八重山毎日文化賞受賞

など沖縄に関わる賞の多くを受賞していることから、地元民に親しまれ愛されていることがわかります。

新垣幸子は、沖縄に移り住んでから石垣島の自然の美しさに魅了され、石垣島の自然を取り入れた八重山上布を復元し、着物を作り出しています。

仕事の合間にも島内を散策し、作品の表現の一部として取り入れているので、新垣幸子の着物からは石垣島の美しさと温かさを感じることができるのです。

新垣幸子の代表的な作品と言えば、「並木路」です。

琉球らしいデザインと爽やかな色合いであるほか、八重山上布ならではの素材で暑い地域でも取り入れやすい着物となっています。

また、八重山上布は、石垣島にあるものだけを使用して作られているのです。

着物を作る際には欠かせない糸を作りだすために必要な「苧麻」は石垣島では年に4回程収穫することができます。
染料は紅露(クール)を使用しています。

石垣島や西表島の山林に生えている植物で、紅露の字の如く赤い実をしており、収穫が早い若い紅露の色は橙色に近い薄い色をし、年月の経った紅露ほど濃い赤い色をしています。
染める際には、下し金ですりガーゼに包んで絞っていくので、全部の工程が手作業となっているのです。

織り上がった反物は、1週間天気の良い日に天日干しされたあと海晒しされることとなります。

石垣島の透明で美しい海に晒されることで染料が馴染み、色だけではなく柄も鮮明になるのです。
石垣島の恵みが無ければ作ることができない八重山上布の括り染め技法を復元したのが、新垣幸子となり数々の美しい着物をデザインしてきたのです。

新垣幸子の着物を高値で売るコツ

新垣幸子の着物を高い値段で売りたいと考えているのであれば、まずシミや汚れがないことが条件と言えます。
綺麗な状態であることが高値であるポイントですが、汚れがあるからといって売ることを諦めてはもったいないので、着物専門買取り業者に依頼をしてみましょう。
着物についての専門家が価格の査定をしてくれるので、正しい買取り価格を設定してくれるので安心です。
また、証紙や証明書があると新垣幸子の着物であることが証明されるので、必ずセットにして査定をしてもらいましょう。

その他にも帯や小物などがある場合は、一緒に買取りを依頼することで高値での取引が行えますので、着物専門買取り業者への依頼がオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ