青山みともの着物はどれくらいで売れる?

青山みともの着物の中古価格は、ネットオークションでは65,000円程度

呉服を販売している青山みともの着物を売りたいと考えている方も多いでしょう。
そこで気になるのが買取の平均相場です。

青山みともの着物をネットオークションで売った場合を調べてみると、平均相場は約65,000円となっていました。
これはネットオークションによる平均相場なので、着物の正しい価値を示すものではありません。
また、ネットオークションは競り合いにより金額も変動しやすいので、確実に高額買取が実現するという保証もないでしょう。

着物の正しい価値を理解しつつ、高額買取を望む場合は他の手段を検討した方が良いと言えます。

青山みともの着物の特徴

東京・銀座には様々な呉服屋がありますが、「青山みとも」も銀座で人気の呉服店でした。
銀座や浜松など全4店舗で展開しており、独特な染めや織りのオリジナル商品から各地の名織物での着物や帯、作家物など初心者から愛好家からも支持される着物を数多く提供しています。

しかし、景気低迷の影響を受けて2012年9月末に惜しまれつつも閉店してしまいました。

青山みともでは全国の染めや織りの商品が販売されていましたが、特に沖縄の産地物や作家物が多く取り扱われていたようです。

同じ伝統工芸品であっても異国感がある沖縄の染織品は京都の京友禅とは異なる上品さが魅力的でしょう。

沖縄の気候や風土に影響される作品が多く、沖縄の染織品展示なども青山みともで行われていました。

上質な着物や帯を販売していた青山みともでは、貝紫染めを用いた呉服も充実していました。
貝紫染めを使った着物や帯も豊富で、とても人気がありました。

青山みともの着物を高値で売るコツ

青山みともでは全国各地の産地物を販売していたため、品質を証明する証紙があると買取価格に影響を与えるでしょう。
また、箱や袋など包装も一緒に揃っていると、より価値がつきます。

他にも着物買取では保存状態なども影響するので、保存状態が良いか確認しましょう。
なお、着物を正しい価格で売りたい場合は、着物専門買取業者の利用がおすすめです。

着物に関する知識が豊富なスタッフが鑑定するので、正しい価値を理解して売ることができます。

無料の出張買取や宅配買取も実施しているところが多いので、店舗への持ち込みが煩わしい、大量買取の際も便利でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ