反物を高く買い取ってもらうにはどうしたらい?

着物を仕立てる前の反物を買い取ってもらいたい時、できれば高値が付くことを望む人は多いでしょう。
では、反物を高値で売るコツについてご紹介します。

反物の買取相場は?

反物での平均的な相場価格は約2万円からと言われています。
着物の相場と比べてみても、上位である沖縄着物で約5万円ほど、アンティーク着物で1万円から3万円ほど、振り袖や訪問着が1万円前後というので、それと比較しても反物はなかなかの相場価格であると言えるでしょう。
なぜ反物に高値が付きやすいというと、反物は着物を仕立てる前の物です。
着物の査定では、実さサイズや状態などの条件も査定価格を左右する重要な部分になります。
ですので、仕立てる前の反物はサイズや状態の条件も良いことが多いので、高価な値がつきやすいというわけです。

高値で売れる反物とは

反物は着物になる前の布状態であるので、柄や織り方、染め方が査定を決める基準となります。
しかし、それだけではなくどんな素材であるかも重要されると考えられているのです。

高級布といえば絹であり、絹で作られる着物は高級着物として扱われ、買取価格も高価な傾向があります。
ですので、反物も絹が多く使われているものほど、査定時の価格を左右するというわけです。

逆に、ポリエステルなどのものは、買取すらしてもらえません。
なので、反物を売る際には、どんな素材なのかが重要になります。
しかし、素人には絹が使われている量を見ただけで判断するのは難しいです。

絹の量は重さで測ることができます。
反物の隅に「匁」(もめん)という文字が書かれてあれば、そこに記された数字を見てみましょう。
そこに書かれている数値の値が大きほど絹の量が多いと言えるのです。
このように、絹の量を見極めれば高値で査定してもらう確率は上がるでしょう。

伝統工芸や有名作家のものは高値になりやすい

やはり反物も、着物と同様に伝統工芸品や作家物であれば、高額買取が望めると言えます。
重要無形文化財に指定されや「結城紬」や「大島紬」、帯の反物であれば「博多織」や「西陣織」、「紅型染」、「丹後ちりめん」などのブランドは高価買取が望めるでしょう。

ブランドの反物であれば、伝統工芸品マークや織元の名前などは記された証紙や証明書が発行されます。
証紙や証明書は大切に保管し、査定の際に一緒に提示すれば客観的な価値の証明となり、高価で売れるブランド反物も、より高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。
「証明書付きで査定額アップ」と宣伝するショップも多いので、ブランド反物をお持ちの方はそのようなお店を狙ってみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ