宅配便による査定のメリット、デメリットは?

宅配便による査定のメリットは?

宅配便による査定は、着物買取業者から梱包キットを送ってもらう、もしくは自分で用意して箱に着物を詰め、それから買取業者へ送り査定してもらうという方法です。
査定後に買取業者から連絡が来て買取価格に納得すればそのまま買取、口座に買取価格が振り込まれます。
一方キャンセルすると、再び着物が配送されてきます。

宅配便による査定のメリットは、基本的に売る側の負担がなく全て無料で査定・買取ができるという点です。
配送に関しては着払い伝票も無料の梱包キットと一緒に入っていることもあるので、お金がかかることはありません。
ただし、業者によっては無料で梱包キットなどを用意しておらず、自分でダンボールなどを用意しないといけない場合もあるので気を付けましょう。

また、忙しくてなかなか時間が無くお店に足を運んだり、来てもらうために自宅で待っているのが難しいという方でも、自分の空いている時間を使って荷物を詰め、後は配送するだけでできるので時間を有効活用することができます。

デメリットはどんなものがある?

デメリットは、着物が大量にある場合だと梱包にとても時間がかかってしまうという点です。
ただ箱に入れればいいというわけでもなく、キレイに畳まなければシワがついてしまい、それだけで査定額にも影響が出てしまいます。

さらに、査定額に納得できないという場合には着物を送り返してもらえますが、この時の送料などは買取業者ではなく自分の負担となってしまうケースが多くあります。
中にはこの送料も無料にしてくれる業者もありますが、数は少ないです。
また、着物を送って査定し査定額が出て買取金額を振り込むまで、何日かかかってしまいます。

宅配便による査定はどんな人に向いている?

宅配便による査定は、忙しく時間が無い人向けの査定方法と言えるでしょう。
なかなか自宅にいられないという方にオススメです。
また、買取金額は急いで受け取らなくてもいいという方は宅配便による査定でも問題無いでしょう。

宅配便による査定の場合は、店頭での買取に比べて高額買取を期待することができると言われています。
これは、梱包キットや着払いなどのコストは掛かっているのに、それでキャンセルされてしまっては買取業者にとって利益がなくなってしまうからです。
そのため少しでも売ってもらおうと、なるべく高い査定額を提示してきます。
お気に入りだった着物をなるべく高く買い取ってほしいと思うのであれば、一度宅配便による査定に出してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ