証紙や証明書が無い着物も売れるのか?

着物などを購入した時、証紙や証明書が発行されることがあります。
しかし、特に必要ないと捨てる、紛失してしまう方も多いでしょう。
では、証紙や証明書がない着物を買い取ってもうらうことは可能なのか、ご説明します。

そもそも証紙や証明書とは

証紙や証明書などは、高級ブランドの着物には必ずつく紙です。
生地の織元や正絹を証明するシール、他にも染めの基準を満たしている着物には染め証紙、伝統工芸品のマークなどが付きます。
発行は織元や織物工業組合などが行い、つまり品質証明、登録商標とその着物が本物の高級品であると証明するためのものなのです。

証紙や証明書があると高価に買い取ってもらえる理由

着物買取では、査定士によって査定が行われうことで、その着物価値が値段で決められます。
着物を売る際は、良く証紙や証明書があると高価になるという話を聞いたことがある方は多いでしょう。

上記でも書いたように、証紙や証明書は本物高級な着物だと証明するものです。
なので、その証明書があれば着物の価値を確実に証明することができるので、結果的に高値が付きやすくなります。
価値を持つ着物だと客観的に証明するためにも、できる限り証紙や証明書は厳重に保管しておくことが望ましいと言えるでしょう。

証紙や証明書なしでは買い取ってもらえない?

証紙や証明書付きは高価買取は可能ですが、証明書などがないからといって価値を付けてもらえないことはありません。
査定士は査定のプロですから、証明書なしでもその価値をしっかり判断してくれます。

しかし、客観的な証明としては根拠が薄くなってしまうため、多少は価値が下がってしまう傾向となるでしょう。
また、もともと普段から着用しやすいように作られているウールなどの、リーズナブルの価格の着物は証紙や証明書がありません。
ですが、買取店によっては価値は期待できませんが、買い取ってくれるショップもたくさんあります。
ところが、古すぎて汚れや劣化が激しいものは高級ブランド着物であっても買い取れないケースが多いです。

着物の買取ではやはり着物の状態が最優先なので、その点は証紙や証明書の有無に関係なく状態が良いものが優先的の買い取ってもらえると言えるでしょう。
もちろん、証明書が発行されない安物の着物も、状態が良い品のみの買取が多いです。
しかし、着物の持つ価値は知識のない素人では正確な判断ができないので、証紙や証明書の有無に関わらず、まずは着物を査定をお願いしてみるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ