着物買取り業者は何を基準に選ぶのが良い?

現在インターネットで「着物 買取」と検索してみると、たくさんの着物買取業者の名前がヒットします。
種類も様々で、着物だけを取り扱っているところや着物だけではなく貴金属などの買取も行っているところなどが存在しています。
そんな中でどこの着物買取業者を選べばいいか迷ってしまいます。

特に着物買取は、業者によって値段も異なってきますし、中には本当の査定額とは違う価格を提示し、なるべく安く買い取ろうとするところもあるのです。
そこでたくさんある着物買取業者から、どこを選んでいいのか、そのポイントについてご紹介します。

信頼できる業者かどうかを調べる

まずは着物買取業者が信頼できるかどうかを調べることが大切です。
例えば買取業者のサイトを見つけたとします。
そこでまず注目してほしいのは、住所や代表者名、古物許可証ナンバーです。
特に古物許可証ナンバーは、着物買取を行う業者には必須のものとなります。
古物許可証ナンバーの掲載されていないサイトは信頼感の薄い買取業者と言えるでしょう。

次に、これはサイトではないのですが、たまに突然家に訪問してきて着物買取を勧める方がいらっしゃいます。
このような突然訪問してくるようなところに一回着物を見せてしまうと「今売らないと損しますよ」と甘い言葉を掛けながらもかなり安い値段で無理やり買い取ってしまう業者が多くみられます。
そのため、こういったところでは買取を行わないように気を付けましょう。

他のポイントは?

サイトやお店の信頼性の他にも選ぶポイントはいくつかあります。
一つは査定料は無料で、キャンセルしてもお金がかからないところです。
これなら他の買取業者にも査定してもらいたい場合でも無駄な費用がかからないので安心です。
二つ目は取引事例をサイトで確認できるところは信頼性にもつながりますし、そこの買取業者がどれくらいの査定額を出しているか見られるので予想をつけることもできます。
また、傷物や無銘の着物でも買い取ってもらうことができるところを選びましょう。

着物買取業者の中には傷が付いていたり、無銘のものは一切買い取らないというところもあります。
自分では傷が無いと思っていても、業者が査定した時に傷などを発見したら買取もしてもらうことができません。
そのため、最初から傷物や無銘のものも買い取ってもらえるところを選べば手間を省くことができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ