新潟県で着物買取りしてもらうには?

新潟県の着物買取り業者

新潟県の着物買取業者の多くはリサイクルショップとなっています。
新潟市中央区にある「たんす屋新潟店」は、古町本町通りにあるのでアクセス抜群です。
着なくなった着物や帯などを店舗に持って行く事で、預かってくれます。
リサイクルショップの「新潟買取りセンター」は、不要になった着物の他にも髪飾りや草履などの和装小物まで買取りを行ってくれます。
また、専門家にスピーディに査定してもらうならネットで買取りを行うと便利です。
スピード買取.jp」は、日本全国からの申し込みに対応しているので安心です。
出張買取りも行っていますが、宅配買取りでは電話かメールで連絡をした後に、査定してもらいたい商品を発送するだけで査定を行ってくれます。
この方法であれば仕事で忙しい人でも安心でしょう。

新潟県の着物の特色

・越後上布、塩沢紬、本塩沢(南魚沼市)

塩沢紬が生産される奥越後。そこは千年を超える着物の里としても知られています。
本塩沢は軽くて薄くて、夏場の高級着物としても有名です。
平安時代には、租税との交易品として、使われていました。古くとも平安時代からの歴史があります。

奈良時代につくられた布が正倉院に保管され、その技術を絹織物に仕立てたものを塩沢紬と呼び、伝統工芸品として知られています。風合いはさらりとしており、夏場にとくに着心地がいいものとしても有名です。塩沢紬、越後上布、本塩沢、夏塩沢などがあります。

・十日町友禅、十日町絣、 十日町明石縮、片貝木綿(十日町市)

十日町市で作られている織物です。紬織物として知られており、伝統的な絣柄だけでなく、無地や縞模様、格子柄、花がらなど、モダンな柄が種類として豊富にあります。
繊細で緻密な柄ですが、気軽な外出着としても使われます。
十日町市は着物における日本有数の産地として知られるようになり、十日町きものまつりなど、さまざまな着物に関するイベントも行われています。
十日町明石縮は、十日町市で作られている夏用の縮となります。薄手でセミの羽に例えられます。ハリがあって清涼感があります。絣柄や縞柄などが多いとされます。
19世紀頃、京都の西陣から伝わった明石縮の技法を、十日町透綾と呼ばれた技法に使い、十日町明石縮が織られるようになりました。ルーツは十日町の伝統技法と西陣織をあわせたものです。生産数は少なく、貴重品としても知られています。

・小千谷紬、小千谷縮 ( 小千谷市)

小千谷紬は、江戸時代から続いています。光沢があるため、とても美しく、伝統工芸品としても指定されています。
無地や白地のものだけでなく、縞模様や絣模様のものも織られてきました。玉糸と真綿の手紡ぎ糸の2つを使います。そのため、素朴で温かみのある着物に仕上がっています。

・五泉「駒絽・羽二重」( 五泉市)

五泉市は、日本三大白生地産地です。良質な絹糸を丹念に織り上げ、200年の伝統があります。
五泉という名前からも分かる通り、水が豊富で豊かな土壌です。鉄分が少ないため、糸を何日も浸しても茶色くなりません。

・羽越しな布(村上市)

村上市でも羽越しな布は作られてきました。
縄文時代や弥生時代から続く伝統で、しな、こうぞ、にれ、ふじ、くず、ちょまなどの草木から生糸を取り出し、繊維として自家製の布に織り上げたものです。着流しや農作業の仕事着として愛されてきました。

新潟県で着物を着て行ってみたいイベント

・高田城百万人観桜会

日本三大夜桜のひとつでもある高田公園には約4000本もの桜が咲き誇ります。
およそ3000個のぼんぼりに照らされた桜と高田城が織りなす景色は圧巻です。
「さくらロード」として親しまれる桜のトンネルの下を着物を着て歩いてみてはいかがでしょうか。

・十日町きものまつり

織物の街として有名な十日町市で毎年5月3日に行われるイベントです。
十日町市民や新成人が着物を着て行うパレードや茶席など様々な催しが開かれます。
着物が主体のイベントなので、ぜひ着物を着て参加してみて下さい。

・つばめ桜まつり 分水おいらん道中

4月8日~16日まで行われる桜のお祭りです。
大河津分水の桜並木の下を絢爛豪華な衣装を着て練り歩く「おいらん」は、美しく気品があります。
事前に申し込みを行えば、付き人として一緒に練り歩く事が出来ます。

・きものの街のキルト展

十日町市で行われるキルト展は、毎年9月下旬に行われます。
市街地に様々なキルトが飾り付けられ、着ると講習会なども開催されます。
着物を着て様々な模様のキルトを見ながらアーケードを散策する事が出来ます。

・もみじ園ライトアップ

長岡市にある紅葉園にて行われるライトアップは、毎年10月下旬頃から開催しています。
昼間の太陽の光に照らされた紅葉も美しいですが、ライトアップされた紅葉は印象が変わり幻想的な空間へと変化します。

新潟県の主要都市の紹介

・新潟市

新潟県の県庁所在地でもある新潟市は、8区の行政区で構成されています。
そして、それぞれの区には魅力や特徴をイメージして決められたイメージカラーがあります。
公園が多く、自然に溢れた街並みとなっています。

・長岡市

新潟県のほぼ中央に位置しています。
山・川・海に囲まれた自然の多い地域で、長岡祭りで行われる長岡花火では毎年多くの観光客で賑わいます。

・三条市

包丁やハサミなどの金物工場が多く「ものづくりのまち」として有名です。
名産品としてカレーラーメンが人気となっています。

・柏崎市

海に面している街で夏には多くの観光客が訪れます。
海産物も多く捕れ、鯛めしや鯛茶漬けなどの鯛料理が名物となっています。
ぎおん柏崎まつりでは海の大花火大会と称し、海の上で花火を打ち上げます。

・新発田市

新発田城や月岡温泉などがあり、観光客が多く訪れる街です。
新発田春まつりや加治川桜まつり、しばたあやめまつりなど、花のイベントが多く自然溢れる街となっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ