長崎県で着物買取りしてもらうには?

長崎県の着物買取り業者

長崎県ではリサイクルショップを含めて、たくさんの着物買取り業者はあります。
例えば、長崎市に2店舗、世保市に2店舗ある「おたからや」では、丁寧な査定を無料で行ってくれるお店です。
他にも大村市にある「きものショップ古々屋」では着物以外にも羽織や和装小物なども買い取ってくれます。
さらに、着物買取り以外にも販売やレンタル、着付け教室なども行っているお店です。

しかし、店頭持ち込みだと大量に着物を買取りしてもらう際、持ち込みが大変です。
それなら、ネット買取りが可能な「スピード買取.jp」を利用してみましょう。
スピード買取.jpでは店頭買取り以外に、出張買取りや宅配買取りを実施しています。

出張買取りなら連絡をすることで、都合の良い日と時間に鑑定士が自宅を訪問し、自宅で査定と買取りを行えて便利です。
都合の良い日と時間がない場合は、宅配で着物を送って査定と買取りが可能な宅配買取りがおすすめです。

なお、スピード買取.jpでは古い着物やシミがついて価値が少ない着物であっても、しっかりと査定を行ってくれます。
さらに、単品ではなかなか売りにくい和装小物や帯も丁寧に査定して買取りをしてくれるので安心です。

長崎県で着物を着て行ってみたい場所やイベント

・出島

出島は日本初の人工島として江戸時代につくられました。
鎖国時代、オランダと唯一貿易を行っていた玄関口です。
ここでは当時の建造物がいくつか復元されており、しかも19世紀初頭の江戸時代、幕末開国後、明治時代と多くの時代風景を楽しめます。
レトロ感溢れるスポットなので、着物を着て散策する場所として最適です。

・眼鏡橋

眼鏡橋は重要文化財に指定を受けている日本で最古のアーチ石橋です。
川に橋の影が移り、その姿はまるで眼鏡のように見えることができるため、橋の名前にも由来しています。
周辺にはヤナギ並木が立ち並び、川のせせらぎを聞きながら着物を着て散歩してみるのも風情があるでしょう。
また、橋は車の通行が禁止されているので、橋の上からじっくり川面を見下ろしたり、周辺の風景を眺めたりして楽しめます。

・長崎ランタンフェスティバル

長崎の冬の風物詩である長崎ランタンフェスティバルは、毎年100万人以上も訪れる大人気イベントです。
長崎中華街に住む人々を祝うため旧正月の祭事が起源とされています。
中華街や中央公園など7つの会場で約2週間ほど開催しており、長崎市の各地でオリエンタルな風合いを持つランタンが飾られ、夜の街を彩ります。
着物を着てランタンと異国情緒溢れる幻想的な世界を体験してみてはいかがでしょうか。

長崎県の主要都市の紹介

・長崎市

長崎県の県庁所在地で、かつては海外の玄関口として発展した都市です。
ヨーロッパ文化を取り込んでおり、異国情緒溢れる町並みが特徴的になります。

・佐世保市

長崎県北部にあり、長崎市に次いで人口数が多い都市です。
とても自然に恵まれており、以前は旧海軍の軍港として活躍した歴史があります。
現在は米海軍基地があり、ヨーロッパの街並みを再現したハウステンボスがあるなど、国際色も豊かです。

・諫早市

長崎県のほぼ中央に位置し、3つの海に囲まれているという特徴を持つ都市です。
市の東部は広大な穀倉地帯となっており自然豊かであると同時に新興住宅地や工業団地も多く、農業と工業のどちらも盛んで、長崎県の生産を支えている地域の1つになります。

・大村市

諫早市と同じく県内中央部に位置し、長崎市と佐世保市との移動に利便性が高いことから、ベッドタウンの一面もある都市です。
長崎空港があることから、長崎の玄関口としても機能しています。

・南島原市

県内南部で島原半島の南東部に位置し、県内でも有数の農業地帯として発展している都市です。
大自然に恵まれた市内では、自然の絶景スポットやイルカウォッチングを楽しめるポイントが多々あります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ