三重県で着物買取りしてもらうには?

三重県の着物買取り業者

三重県には、多くのリサイクルショップや質屋などがあり、着物買取りを行っている店舗も多数あります。
三重県内に多くのリサイクルショップの店舗を構えている「リユースショップモノマニア」では、店舗名は違っていてもグループ店舗でも着物の買取りを行っています。
インターネットから簡単に申し込める「スピード買取.jp」もおすすめです。
スピード買取.jpであれば、着物に仕立てる前の状態の物や小物のみでも買取り可能です。
買取り方法も出張や宅配など、合った方法で依頼することができます。

三重県の着物の特色

・松阪木綿(松阪市)

松阪木綿は、土の香りを含んだ正藍染の糸を使っています。縦縞のバリエーションが豊富で、江戸時代の庶民の粋な着物の中でもおしゃれな着物として扱われていました。
歌舞伎役者が縦縞の着物を着ることを、「マツサカを着る」と呼ぶのは、これに由来しています。縦縞と言えば松阪木綿と言われるほど、代表的な着物として知られていました。三重県の伝統工芸品に指定されています。また、無形民俗文化財にも選定されているのです。
松阪木綿は伊勢商人によって広められ、年間50万反も売上が上がったこともあります。当時の江戸の人口が100万人ですから、どれだけすごいかがわかります。

・伊勢木綿(津市)

伊勢木綿は、奈良時代に大和の朝廷より技術が伝えられました。それ以降、絹や麻などの織物の技術が発展し、伊勢紬なども有名になりました。
伊勢は、津などを中心として絹、麻、木綿などの産地でした。
木綿は糸と染織に特色があり、木綿そのものの柄には地方での違いはそれほどありません。伊勢木綿は、単糸という標準的な糸を使っています。
単糸は織るのが難しく、切れやすいのが特徴です。いい綿を使った単糸を使わなければ、上手に織ることができないので注意が必要です。保湿性が高く、通気性もいいため、使うほどに味が出てきて、着心地が良くなります。

三重県で着物を着て行ってみたいイベント

・伊勢安土桃山文化村

三重県伊勢市二見町にある「伊勢安土桃山文化村」では、戦国時代にタイムスリップしたかのような気分になれる場所です。
外国人からの人気も高く、町の雰囲気も昔のままでアトラクションもあるので楽しむことができます。

・伊賀上野・城下町のおひなさん

伊賀市で行われる「伊賀上野・城下町のおひなさん」では、色んなお店でおひなさんが並ぶイベントです。
伊賀焼で作られたおひなさんや、雛見茶会でひな祭りをテーマにしたランチ・クイズなどのスタンプラリーも楽しめます。
お子様と一緒に着物を着て、おひなさん同様かわいくなって参加すると気分も楽しく盛り上がることができます。

・いなべ梅まつり

いなべ市藤原町にあるいなべ市農業公園では、毎年「いなべ梅まつり」が開催されています。
東海地区最大級の梅林公園なので、お祭り時にはどこを見ても梅の花がきれいに咲き誇っています。
着物で参加して、梅のように花を添えてみてはいかがでしょうか?

三重県に主要都市の紹介

・津市

三重県は津市が中心となり、様々な場所への交通網が広がっています。
県内2番目の人口の多さで、海沿いは市街地や国の出向機関なども多く集まっている場所です。
自然も多くあり、桜の名所や枝垂れ梅が有名な結城神社、津城の城跡公園などもあります。

・四日市市

県内1番の人口を誇っている四日市市は、特例市と保健所政令市の指定を受けている市です。
代表的な中京工業地帯があり、県外からの通勤者も多い場所です。
人気の観光スポットとして、四日市コンビナート夜景クルーズなどがあります。

・伊勢市

伊勢市は工業や商業が盛んに行われている市で、中枢都市として発展しています。
伊勢神宮の門前町として栄えているので、週末になると多くの観光客が訪れる場所でもあります。
関西や名古屋方面からもアクセスが良く、利便性の高さもあります。

・鈴鹿市

伊勢湾と鈴鹿山脈に囲まれた自然豊かな市で、産業や工業なども発展しています。
また農業にも恵まれた場所で、水稲や茶などの生産も活発です。
鈴鹿サーキットがあることで世界的にも有名な市でもあります。

・松阪市

松阪市は戦国時代に織田信長の次男である織田信雄が松ケ島城を築いた場所です。
市にはいくつもの歴史的な城下町もあり、価値の高い史跡や建造物
もあります。
また松坂牛などのブランド牛もあることで有名です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ