着物買取りで得する為のパーフェクトガイド

想い出の着物、捨てるくらいなら着物買取り専門店に依頼を!

七五三の時に来た着物、成人式のときに仕立てた振袖、祖母や母、親戚から受け継いだ古い着物など。日常生活では使わなくなる着物、みなさんはどのように処分していますか?

もしかして、もう着用しないし、部屋のスペースを取ってしまうし、ということで、捨てようとはしていませんか?

古い着物は買い取ってはもらえない?!

古い着物を売ろうとする場合、高額なブランド物などを取り扱っているリサイクルショップでは、ほとんどの場合、着物は対象外ですし、洋服関連というつながりから古着ショップで売ろうとしても、買い取ってくれないところがほとんどです。

また、様々な消費を買い取ってくれるネットオフなどでも、着物には価格がつかないことがほとんどです。もちろん、大手が買取りをしないだけで、個人営業のリサイクルショップでは、買い取ってくれるところもまれにあります。

しかし、買い取ってくれたとしても、かなり割安な金額になってしまいます。

オークションは穴場的に販売できる可能性あり!

pixta_23426260_S

また、個人で販売したい時に活用したいのが、オークションですよね。

最近は、インターネット上で、だれでもが気軽にオークションに参加できるようになりました。
会員登録をするだけで、PCだけでなくスマホからも簡単にオークション出品が出来るので、好評です。

このオークションの買い手と言うのは、ネットを通じての世界各国の人々が対象です。
だからこそ、自分が思っている以上の金額が付くこともあります。ただ、大半の場合は、オークションなどで買い取ってくれたとしても、たいした金額にならないことが多いです。
また、発送する労力を考えると、捨てる方が楽だったりするんですよね。

高額で着物を買い取ってくれる専門店があります!

しかし、だからと言って、思い出の着物を捨てるのは、時期尚早です。
実は、リサイクルショップの中には、着物買取りを専門としている店舗があります。このような専門店に買取りを依頼することで、その着物をしっかりと評価してもらって、その上で高価買取りをしてもらえるのです。
着物は、手作業で反物を仕上げたり、仕立て上げたりと、とても労力がかかる分、購入時の価格も高いですよね。だからこそ、その着物に対する思い入れも強いのではないでしょうか。

良い業者と悪い業者の見定めが肝心です

ところで、着物を売ろうとするときには、少しでも高く評価してもらって買い取ってほしいですよね。
ですが、お店の中には、売り主側の知識不足に乗じて足元を見て格安での買取りを行う業者もあります。また、買い取る商品群に制限を設けていて、本当はリサイクルするのに、買い取れないと伝えて0円で引き取るというような悪質な業者もいます。

大切な着物を買い取ってもらう際には、このようなお店に引っかからないように、着物買取り専門店をしっかりと見極めた上で、買い取ってもらうことが大切ですよ。

どんなものが買い取り対象になるの?

さて、一般的な着物買取り専門店に依頼する場合、実に様々な着物関連商品を買い取ってくれます。

定番ともいえる訪問着や振袖、色無地や小紋といった、着物自体はもちろんです。さらに、中に着込む長じゅばんや腰ひも、半襟、足袋というように、着物を着用する上で欠かせない商品も対象です。
また、など全般も買い取り対象となり、つけ帯や丸帯、袋帯やなごや帯、博多帯など、実に多くの種類の帯が評価の対象となります。

さらに、外出する際のコートや道中着、というような着物関連アイテムも対象です。
そして、もちろん、バッグや草履、ふくさのように、着物を着用して外出する際の和装小物なども買い取り対象となります。

着物買取り3つの方法

着物の買取りを専門店に依頼する場合、どのような流れになっていくのでしょうか。
まず、着物買取りを業者に依頼する方法として、3つの方法があります。

1つ目は、自分でお店まで持って行く方法、2つ目は自宅への訪問買取り、3つ目はネットで業者へ直送する方法です。
1つ目の自分で持って行く方法は、近くにある買取り専門店を見つけて持ちこむことになります。
そのため、少し手間がかかるのがネックです。
そこで活用したいのが、着物の出張買取りと業者への直送です。
最近では、ネットからとても簡単に申し込みが出来るようになっていて、とても手軽に利用できます。いったい、どのような流れになるのか、詳しく見ていきましょう。

自宅訪問の着物買取りの場合

着物の自宅訪問買取りを頼む場合の流れ その1

自宅まで担当者に来てもらって買い取ってもらう自宅訪問買取りを選択した場合についてご紹介しましょう。
申し込み時には、買取り業者のホームページの出張査定希望欄から、個人情報の入力ホームへ移動します。
ネット環境さえ整っていれば、PCだけじゃなくスマホからも申し込みをすることができます。
24時間、時間を問わずいつでも注文ができるのは、嬉しいですね。
そして、その入力ホームに、姓名、住所、電話番号、メールアドレスのヒアリング情報を入力します。
これに加えて、買い取り希望商品や訪問希望日時など簡単なアンケートをするお店もあります。

着物の自宅訪問買取りを頼む場合の流れ その2

入力フォームを通じて出張査定依頼を出すと、翌営業日か遅くても翌々営業日には、電話がかかってきます。
対応が早い専門店であれば、たとえば朝に依頼を出した場合、お昼には連絡が来るお店もあります。
その電話の中で、出張買取りについて、具体的な内容を詰めていきます。

たとえば、着物は何点ほどの買取りを希望するか、着物の種類はどのようなものか、古さはどれくらいかと言った着物に関する質問があります。
さらに、予定を立てるために、出張買取りの希望日時はいつが良いかなどの詳細を電話を通じて打ち合わせしていきます。

着物の自宅訪問買取りを頼む場合の流れ その3

さて、出張買取り当日、あらかじめ約束しておいた時間になると指定した買取り先に担当者が出向いてくれます。担当者によっては、到着前に1本連絡を入れて、どれくらいの時間に到着するかなどを知らせてくれるところもあります。その時間を見計らって、当日買取りに出すための着物などの準備をしておきます。
担当者が来ると、その場で、着物を査定してくれます。
査定の結果、納得のいく結果であれば、提示された価格で買い取りを依頼します。もちろん、査定の結果に納得がいかない場合には、買取りを依頼しなくても大丈夫なので安心してくださいね。
そして、買取りを依頼する場合は、その場で現金支払いを行ってもらいます。

着物の自宅訪問買取りを頼んだ場合のメリット

自宅訪問型の出張買取りを選んだ場合、目の前で着物が査定される様子を見ることができます。
このとき、査定している担当者がどのような態度で査定に挑んでいるか、キチンと確認できます。

誠実に説明をしてくれる担当者が居るお店は、本当に信頼ができますよね。
せっかく大切な着物を買取りに出すのですから、そのような誠実なお店の査定にかけて買い取ってほしいものです。また、
出張査定のメリットともいえるのですが、目の前で査定をするので、疑問点をその場で確認することができます。
だから、担当者に提示された金額内容についても、どのようなものがいくらなのかと理解しやすくなります。

ネットの着物買取りの場合

ネットによる着物買取りを依頼する場合 その1

申し込みが必要な点は、自宅訪問買取りと同様です。ただ、異なるのが、担当者が商品を査定に来るのではなく、自分が業者へと対象商品を送ることです。
もちろん、送ると言っても、WEB買取りを行っているたいていの業者は、送料無料で梱包資材の発送と商品の受け取りを行っているので、活用しやすいのがメリットです。

申し込みの段階では、まずは業者に自分の氏名、住所、電話番号、商品を送るためのダンボールの送付先の入力、ダンボールの個数の入力、時間指定があればその記載が求められます。
そして、申し込みが完了したら最短発送日もしくは自分が指定した日にダンボールなどの梱包材一式が到着します。

ネットによる着物買取りを依頼する場合 その2

さて、ダンボールが到着したら、買取査定を依頼したい商品を詰め込みます。その際、運転免許証など身分証明書のコピーを同梱しておきましょう。この身分証明書は、古物売買取引に必要とされているので、忘れないようにしてくださいね。
そして、ダンボール到着時に届いていた業者あての着払い伝票の送り主情報に自分の情報を記載します。それをダンボールに貼り、発送します。
ダンボールが業者に届くと、業者はさっそく商品を査定します。
このとき、ダンボール箱を開けた状態での商品の査定となるので、綺麗に梱包しておくことをお勧めします。

ネットによる着物買取りを依頼する場合 その3

そして、その結果が依頼主に通知されます。メールをしていた場合は、メールで、買い取り金額がいくらかというのが記載されます。また、電話を指定していた場合には、でオペレーターから電話がかかってきて、査定金額を伝えてもらえます。

査定結果が自分にとって満足の行くものであれば、そのまま代金を自分の指定した口座に振り込んでもらったり、現金書留で送ってもらいます。
逆に、気に食わない場合には、商品を自分のもとへ返送してもらいます。

ネットによる着物買取りを依頼する場合のメリット

ダンボールを送ってもらい、商品を詰めて送り返すというのが宅配買取りの流れですが、このシンプルな取引こそがメリットとなってます。
全国、どこに住んでいても、宅急便が届くエリアであれば、いつでも好きな時に集荷をお願いすることができるのです。買取りをお願いしたいけれど、近くにお店がないと言う時にはもってこいの方法ですよね。

また、日中は会社員なので、お店に買取りをお願いしている時間がないと言う人も、夜間、帰宅してから梱包して送るだけという状態にはできますよね。このシンプルさ、簡単さこそが宅配買取りの最大のメリットと言えます。

着物を高額で買い取ってもらう7つのコツ

では、実際に着物を買取りに出す際に、どうしたら高額で買い取ってもらえるのでしょうか。
そのポイントを7つまとめてみました。

1. 着物の質

買取りで高額が付く着物と言うのは、やはり売れる品であることが肝心です。まずは、着物の素材が問題となります。
数ある素材の中でも、一番人気のあるものは、やはり正絹です。
希少性が高く価値のある素材、すなわち正絹でおられている反物が一番価値があります。正絹の着物の場合、その重さを「モンメ」という単位で示しますが、これが多ければ多いほど、高額になりやすいと言われています。

また、夏場の着物であれば、麻で出来ていて風通しの良い物が高額になる傾向があります。
逆に、ポリエステルなどの化学繊維、毛などの一般的な素材は、比較的安価な買取り価格になってしまうので、注意しておきましょう。

2. 着物の状態

着物の状態は、時に素材以上に重要となることもあります。
やはり、リサイクルできる着物と言うのは、美しい状態で、すぐに着用できる状態のものである必要があります。
ただ、保管が難しく、湿度管理などに失敗すると、簡単にカビが生えてきたりします。

また、洗濯ができないことから、過去に着用した際の汗染みがそのまま残っていることもあり、柄に移ってしまう場合があります。さらに、アイロンがけができないことから、綺麗に畳んでいなかった場合には、生地にシワが出来てしまいます。
さらに、着物は虫食いが出来やすい素材でできていることから、虫食いがないかどうかも確認しておく必要があります。
このようなマイナスポイントがないか、あらかじめ確認しておきましょう。

3.  着物の種類

着物にはたくさん種類があり、用途や素材によっても金額が変わってきます。
その中でも、一番値段が付きやすいのが、訪問着です。
というのも、やはり、日常生活において、使用用途が幅広い方が、中古での販売もしやすいからです。次に、成人式などで必要となる振袖が高額査定の対象となります。そして、普段着やすい紬、イベントごとに着用する留袖、さらに小紋と続いていきます。
もちろん、訪問着であっても、その状態や素材、さらには新しさなども価格査定の対象となってくるので、覚えておきましょう。

4. 着物のサイズ

意外と思われるかもしれませんが、着物のサイズも、買取り時の判断要素の一つとなります。もともと、日本人は比較的身長が低かったのですが、近年、体型の欧米化に伴い、平均身長も高くなってきています。
しかし、着物市場で見ると、比較的小さめの着物はよく販売されているものの、身長が高い人の寸法に合わせたサイズの方は、あまり販売されていません。
そのため、希少性の面から見ても、標準サイズより大きめサイズの方が数が出回っておらず、高価買取り査定となりやすいです。

5.  着物の作家・ブランド

着物は、それを専門に反物を作っている人のデザインが反映されます。
そのため、いくら安くても自分の好きなブランドを言うことが大切です。
また、活躍するデザイナーなどのブランド商品も増えてきています。このようなブランド物は、通常のものに比べ、比較的高く買い取ってもらえます。
中には、有名ファッションブランドから数量限定として販売されているゆかたもあります。
このような、数量限定の場合だと、プレミアがついて定価の何倍にもなることが判明しました。

6.    着物のデザイン性

着物にも、流行のデザインや古典柄など、様々なものがあります。色々なデザインがある中で一番高く買い取られるのが、やはり、流行中のデザインです。とくに、最近では、若者の間での着物ブームが来ていることから、若い人でも着こなせるような柄に人気が集まっています。

ちなみに、着物の流行ですが、10年くらいの周期で巡っています。通常のカジュアルで着用するような衣類だと1.2年で周期が変わるので、着物は比較的長いスパンでの変化となっています。したがって、新作の着物ではなくても、いまだ流行中の10年くらい以内のデザインであれば、買取り査定が高くなりやすいといえます。

7.    証紙の有無

着物の品質を示すのが、証紙と呼ばれる紙です。ほんの一切れの紙ですが、そこには、その着物の素材や製作者、産地などが記載されています。この証紙を見ることで、着物に詳しくない人でも着物のランクが分かってしまうのです。
逆に、証紙がついている着物というのは定価でも比較的高価だった商品ですので、買取りに出す場合でも高めの価格で買い取ってくれます。

たった一枚の紙ですが、証紙があるのとないのでは、着物に対する評価が一気に高くなってしまいます。
特に、人間国宝が仕立てた着物など、価値あるものの場合には、必須アイテムとなります。
ぜひ、購入の際には大切に保管をしておいて、買取り依頼の場合には、一緒に段ボールに入れるなどして、査定官に着物の価値をアピールしましょう。

より多くの商品を、着物の状態など、より売れるように工夫しておくことが大切です。

着物以外の商品も売ろう

通常、着物の買取りを行っている業者と言うのは、その付属品、すなわち和装小物も取り扱っていることが多いです。したがって、和装小物を売りたい場合には、ある程度インターネットで店舗を絞り込んでいくことができます。

自宅に和装小物がかなり溜まっている~という場合には、やはり買取り業者を利用することができますよ。
もちろん、着物と一緒に査定したいと言う場合には、積極的に行いましょう。
買取り業者は、着物を中心として買取りを行っているわけですから、和装小物のみを販売するよりも着物と一緒に売却する方が、より査定が高額になりますよ。

ところで、着物の買取り依頼をする際、よくあるリサイクルショップよりもネットを通じて申し込む方が高値で買い取ってもらえるのはどうしてでしょうか。

出張買取り専門店の査定が高くなるのはなぜ?

まず、通常の買取りショップの場合だと、店舗を持って、さらに、人を雇う必要が出てきますよね。業者側からみると、経済的な家賃や雇用費などの問題と直面することになります。
しかし、その反面、出張買取り専門店の場合、店舗を持つ必要はなく、人件費も運営者のみで事足ります。その結果、経費が大幅に削減されます。
このように、支出を抑えることで、商品の買い取り金額の査定が高額になるのです。

着物の宅配買取り専門店の査定が高くなるのはなぜ?

最近、着物だけでなく、ブランド品の高価買取りとしても、ひそかなブームになっているのが宅配買取り専門店です。自分がわざわざお店に出向くこともなく、好きな時間に荷物を出せて、人と対面することもなく、着物を買い取ってもらえるのです。このシステムはとても便利ですよね。
では、宅配買取り専門店の査定がどうして高めになっているのでしょうか。
これは、専門店による送料の自己負担などにもかかわってきます。
と言うのも、宅配専門店は送料がすべて専門店持ちとなるシステムです。査定をしたうえで顧客に断られると、ダンボール送付と荷物着払いの送料がすべてゼロになるわけです。
ここで損失を出さないためにも宅配専門店は比較的高く査定結果を出しています。

よい着物買取り業者の選び方とは

それでは、ここからは、 より良い買取り業者の選び方のポイントを抑えていきましょう。

1.  無料で査定を行ってくれる

これは、言わずもがなですが、査定自体が有料のところは、その出張費や査定費用だけでも、結構な金額を吹っかけてきます。というのも、査定結果が売り手の納得のいくものではなかった場合、買い取ることが出来ず収入が得られないからです。そこで、出張費や査定費などから利益を取ろうと、その額を挙げていきます。もちろん、これは本末転倒ですよね。
今は、査定結果が高くなる所であっても、査定自体は無料という買取り専門店がたくさんあります。なので、遠慮なく、無料査定の業者を選びましょう。

2. 人と会いたくない場合、忙しい時には宅配買取りを

普段仕事が忙しくて、わざわざお店の人と話す時間が取れない。だけど、着物は売りたいという方。また、休みの日まで人と接したくない、できるだけ、面倒なく早く着物を売りたいと言う方にお勧めなのは宅配買取りです。
先に説明したとおり、宅配買取りの場合は、申し込みをする→ダンボールが届く→商品を送り返す→入金という、とても簡単な流れで、着物の買取りを依頼することができます。
忙しい方にはとっておきの方法と言えますね。

3.査定が気になる人には出張買取りがおすすめ!

思い出の着物を買取りに出すのは決めたけれど、どれくらいの金額が付くのか、しっかりと見届けたいなんて思いませんか?そんな方には、出張買取りがおすすめです。
出張買取りの場合だと、担当者が自宅に出向き、その商品がいくらくらいかを検討してくれます。担当者はその場で査定額を教えてくれますが、その時に価格について交渉してみるのもアリでしょう。もし、その査定が気にいらない場合でも、どうしてこの査定結果になったのか、商品につき一つ一つ確認を取ることができるので、役立ちます。
比較的時間があって、着物を売りたいと言う方には、出張買取りは、かなりオススメですよ。

4.自社ホームページを持っていて安心できる
pixta_16176603_S

実店舗に持ち込んでの査定だとリアルの人間とのやりとりで査定が決まっていきます。
しかし、出張買取りにしろ宅配買取りにしろ、ネットを通じての申し込みという取引には変わりはありません。ネットでの取引って少し不安なことがありませんでしょうか?それを払しょくしてくれるのが、ホームページです。
買取り会社のホームページがしっかりと作り込まれている場合、着物買取りについて詳しく描かれていて、なおかつ、安心できそうなイメージが膨らんできます。
実際に、取引するなら、より相手先会社のことを知れる方が、安心して取引ができますよ。

5. ホームページ上に、実際の取引の流れが載っている

このパーフェクトガイドでも、大まかな買取り査定の流れは説明しましたが、やはり詳細は業者によって異なってきます。
その業者の買取りの流れがホームページ上にきちんと記載されている場合、取引のシミュレーションもしやすく、安心して依頼できるのではないでしょうか。
特に、査定から支払いまで、どれくらいの時間がかかるかなどが気になるところですよね。
また、査定のポイントなども記載されていると、自分の着物がどれくらいの価格で買い取ってもらえるのか仮定しやすくなります。
ある程度の予想を立てて、買取り依頼を出来るのはとても便利です。

6. 実際に取引した人の口コミが分かる

最近は企業のホームページなどだけでなく、口コミサイトなども充実しています。
そういったサイトでは、実際に商品を使用した方々の口コミが残っていることも多いのです。
買取り査定について先例があると、自分も安心して査定を任せてみようと思えますよ。
また、商品がどれくらいの価格で買い取ってもらえたのか、取引にどれくらいの期間がかかったかなどを読み取ることで、業者選びに一役買ってくれますよ。

7. 連絡スピードが速い

着物の買取り依頼をする上で、気にしてほしいのが連絡に対する返信スピードです。
ビジネスの世界では、即レス即対応が基本となっています。もちろん、着物買取りにおいても、同様です。

買取り依頼の申し込みをして24時間以内に返信がないような会社は避けておくのが無難です。というのも、申し込みと言う当初から返信がないと言うことは、あまり商売する気がないともいえるからです。
したがって、買取り査定をお願いしても良い値がつかないことが多いでしょう。

8.全国対応をしている

都心部に住んでいて、申し込み後すぐに担当者が来てくれるエリアならともかく、田舎など、中々買取りに行くことができないエリアもありますよね。だけど、着物を売りたいと思っているのは、都心部に住んでいようと変わりません。
そこで選んでほしいのが着物の宅配買取りの業者です。
宅配買取りの業者の場合、取引は、ほぼダンボールのやり取りと数回の連絡という短期間で終わらせることができます。業者と離れていてもやり取りができるのはとても素晴らしいですよ。

訪問販売に注意してください

便利な着物の出張買取り専門店や宅配買取り専門店がある一方で、悪質な業者があるのも事実です。そのような悪質な業者に引っかからないように、注意しておくことが大切です。
では、具体的に、どのような悪質な業者が居るのか見ていきましょう。

出張買取り専門店の悪質な業者について

このような業者もネット上では、他の優良な買取り専門店と同様に、ホームページを構えています。そして、申し込みをして、折り返しの電話で訪問日を決めるまでは同じです。さらに、約束当日、業者の担当者が訪問してきます。
その時に注意しておきたいのが査定です。
悪質な業者は、査定の段階で、商品の着物に対してケチをつけていきます。
この素材はダメだとか、デザインが古すぎるとか、着物の評価をなるべく落とす発言をして、査定価格を引き下げようとします。
このような業者の担当は、口が上手いので、デタラメな査定についつい引っかかってしまいがちです。
しかし、提示された金額が適正なモノか、今一度考えてみましょう。その上で、納得のいかない金額であれば、きっぱりと断ってくださいね。

宅配買取り専門店の悪質な業者について その1

最近では、宅配買取り専門店の悪質な業者も増えてきています。こちらも、出張買取り専門店同様、通常の買取り専門店のようなホームページを設置しています。そのため、一見すると、問題がなさそうに思えます。
しかし、発送のためのダンボール請求などを行う際に、個人情報を入力したけれど、その返信がないという場合があります。
このような業者は、個人情報を収集するためだけに架空のホームページを設置して情報を抜き取っている可能性があります。

宅配買取り専門店の悪質な業者について その2

また、宅配買取り専門店で気を付けておきたいケースがもう一つあります。それは、売り手側が査定のために送付した商品を返してこないケースです。通常の買取り専門店であれば、査定に納得できなかった場合、すぐに商品を返送してくれます。
しかし、悪質な業者の場合、商品を返送するどころか、そちらで処分もしくは、売り払ってしまっています。
連絡を取ろうとしても着信拒否をされていたり、連絡先が変わっているので、連絡がつかなくなってしまっています。
このような業者に引っかからないためには、申し込み前に、きちんとその買取り専門店が存在しているのか調べておくことが大切です。また、口コミなどを確認して、スムーズな取引ができる業者なのかを調べておきましょう。

おわりに

pixta_16406000_S

買取り業者の中には、適正な価格で着物を買い取ってくれる専門店もたくさんあります。自分の思い入れのある着物、譲り受けた着物を売却する際には、今回ご紹介したような着物の知識を、頭の片隅に入れておきましょう。そうすることで、より高額な査定を受けて、満足のいく着物買取りを依頼できますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ